ウェブ制作のプロが解説!「農家のこだわりホームページ」7選 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > マーケティング > ウェブ制作のプロが解説!「農家のこだわりホームページ」7選

マーケティング

ウェブ制作のプロが解説!「農家のこだわりホームページ」7選

ウェブ制作のプロが解説!「農家のこだわりホームページ」7選

2017年07月29日

自分のホームページを持つ農家の方が増えてきています。そこで、魅力的な農家のホームページをピックアップ。さらに、ウェブ制作現場で活躍するプロフェッショナルから、それぞれのホームページに対して解説などをお聞きしました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

寺田農園
http://www.terada-nouen.co.jp/

6:WABISUKE(京都府南丹市)

栽培作物:平飼いたまご

WABISUKE(京都府南丹市)

京都府の養鶏農家WABISUKEのサイトは、まずトップページのデザインにひかれます。大きく配置された写真から、農園の雰囲気が伝わってきます。かわいいたまごのイラストがポイントとなり、次々とコンテンツを読み進めたくなります。のびのびと過ごす鶏の自由な雰囲気から、たまごのおいしさに期待が高まります。

<プロの解説>

「スクロールすると写真や文字が次々と出てきて、視差効果を使った見せ方がおもしろいと思います。写真も卵型にくりぬかれていて、印象的です。卵を連想させる黄色と白を基調とした配色が、養鶏農家のホームページにピッタリはまっています」(ウェブ開発者・村松さん)

WABISUKE
http://eggwabisuke.com/

7:三木江農園(愛媛県西予市)

栽培作物:みかん、みかんジュース

三木江農園(愛媛県西予市)

愛媛県西宇和地方で、みかんを栽培している農園です。みかんの棚田を上空から眺めたランドスケープを大きく配置したページは迫力があります。農園でとれたみかんで作る、濃厚なみかんジュースも作っていて、ホームページから直接購入できるようになっています。

<プロの解説>

「みかんジュースの商品ラベルと同じ形を、ロゴやECサイトへの導入ボタンにうまく使っています。そのため、ユーザーは自然とこのサイトとみかんジュースを結びつけてイメージできます」(ウェブデザイナー・池端さん)

三木江農園
http://mikie-noen.com/

印象的な農家のホームページの共通点は?

ここで紹介した7つのホームページに共通することは何かあるでしょうか? アートディレクターの白井さんは、「生産物に対する“おいしそう”“健康的”といったイメージは、どのホームページでも強く打ち出せていると思います」と評価しています。デザイナーの池端さんは、「一番力を入れている作物や商品がある農家のホームページは、その強みを活かしたデザインが採用されているため、印象に残りやすくなります」とコメントしています。

一方、開発者の村松さんは、「今の時代は、スマートフォン対応のホームページを作ることは必須です。スマートフォンやタブレットでも最適な状態で表示される“レスポンシブ対応”になっていないホームページも見受けられました。今後はもっとレスポンシブ対応のホームページ作りが求められるのではないでしょうか」と指摘しています。

企業や商品を紹介するホームページと同様に、農家のホームページでも、いかに“売り”となる点を伝えられるかが大切なポイントかもしれません。まずは気になるホームページを見つけ、どんな点が良いのかなどを検討してみると、ホームページ作りの参考になりそうです。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧