園芸ビジネスを応援!国内最大級の園芸業界誌「GardenCenter」を発行 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ニュース > 園芸ビジネスを応援!国内最大級の園芸業界誌「GardenCenter」を発行

ニュース

園芸ビジネスを応援!国内最大級の園芸業界誌「GardenCenter」を発行

園芸ビジネスを応援!国内最大級の園芸業界誌「GardenCenter」を発行

2017年10月03日

創刊37年を迎える国内最大級の園芸業界誌「GardenCenter(ガーデンセンター)」。業界を縦断的につなぐ花と緑のビジネス情報を網羅。業界を縦断的につなぐことで、その発展に貢献しています。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

花きの流通量は、卸売市場の取り扱い規模でピーク時の5,600億円規模から3,800億円規模まで縮小しているといわれ、花と緑の業界は1998年をピークとする「ガーデニングブーム」以降、厳しい状況が続いています。

しかしこの数年は、家庭菜園や多肉植物、サボテンなどの人気もあり「植物のある暮らし」に目を向ける消費者が増えてきたことで、ビジネスとしても追い風が吹き始めました。

創刊37年を迎える国内最大級の園芸業界誌「GardenCenter(ガーデンセンター)」を発行する株式会社グリーン情報(代表取締役社長:山川正浩)では、花と緑のビジネス情報を網羅し業界を縦断的につなぐことで、その発展に貢献しています。主な事業は、園芸業界誌および花と緑の専門書籍の発行、園芸業界イベントの企画、開催、園芸業界内の事務局運営などで、近年ではWEB上で園芸品の仕入れ検討ができる「ネットで商談会」(http://www.net-de-syodankai.com)の開始など、サービスを拡充。BtoB向け事業に加え、ボタニカルライフメディア「LOVEGREEN(ラブグリーン)」の運営や、植物のある暮らしを発信するフリーペーパー「Botapii(ボタピー)」を発行する株式会社ストロボライトとコンテンツ提携を行うなど、幅広い取り組みで花緑業界を盛り上げています。

創刊37年 国内唯一の園芸ビジネス専門誌「GardenCenter」

中核事業である業界誌発行は、1980年に「グリーン情報」の誌名でスタートし、2009年からは誌名を「GardenCenter」に変えてリニューアル。園芸分野における唯一の業界専門誌として園芸店、フラワーショップ、植物生産者、種苗メーカー、園芸用品メーカー、市場・流通業者、造園業者など、花と緑の関係者に広く親しまれています。毎号の時流を捉えた特集をはじめ、全国の元気な園芸店や生産者の紹介、業界内でのニュース、業界の数値やデータなどで花緑業界の今を包括的に網羅し、業界関係者はもちろん花緑業界への新規参入を考える異分野の企業にとっても役立つ情報を発信しています。

2017年で37周年を迎える花と緑の業界唯一のビジネス情報誌。奇数月1日発行(年6回)。

GardenCenter

園芸店のための初の教科書「園芸専門店のための SKILL-UP」を刊行

2016年9月には、福岡県の人気園芸店・オニヅカバイオシステムの店長・井上盛博さんに密着した「園芸専門店のためのSKILL-UP 寄せ植えが売り上げを左右する。」を刊行。2017年7月には第2弾となる「園芸専門店のためのSKILL-UP 売り場演出が売り上げを左右する。」を続けて刊行し、全国の関係者に好評を得ています。寄せ植えを使った効果的な売り場づくりや集客方法、売り上げを伸ばす具体的な手法などを解説する、園芸専門店のための教科書とも呼べる内容で、プロに向けて「集客と売り上げを伸ばす」という視点で、寄せ植えを紹介した類書のない実用書です。

http://www.green-joho.jp/book/detail/119

SKILL-UP(スキルアップ)

デザイナー、建築家、園芸家必携!「これからの屋内緑化・マニュアル」

 公共建築・商業施設・オフィス・家庭での屋内緑化が、壁面を中心として急成長している現況を受け、屋内緑化のマニュアル本も刊行しています。垂直庭園の世界的先駆者パトリック・ブラン氏の施工例を巻頭に特集。国内最新の施工事例23社60頁を集め、維持管理方法、おすすめの植物を紹介。また、愛媛大学農学部 仁科教授、千葉大学 宮崎教授、豊橋技術科学大学 松本教授、桐蔭横浜大学 飯島教授による植物の効用研究結果が掲載されています。今後成長していく屋内緑化について、細部まで追求した「屋内緑化本」の決定版です。

http://www.green-joho.jp/book/detail/102

屋内緑化マニュアル

業界関係者限定サイト 24時間365日活用できるネットを使った商談サイト「ネットで商談会」

ネットで商談会

新規事業として2016年にスタートした「ネットで商談会」は、園芸業界の最新商品情報をまとめて見ることができるサイトです。植物や資材など、園芸業界の商品情報が幅広く掲載されています。閲覧者からは、商品検索以外にもリアルな展示商談会の補助的な情報収集の手段として活用されています。BtoBサイトだからこそ公開できる、企業に向けた本格的な情報も満載。現在は長野県、山梨県にまたがる7会場で開催される園芸商談会「フラワートライアルジャパン2017秋」の特集中です(10月初旬まで公開)。この機会に一度‟ネットで商談会”で商品情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

http://www.net-de-syodankai.com

花緑業界の最新情報を配信するメールマガジン「グリーンメール」

イベント情報、新商品情報、新規事業紹介など、業界の最新情報を月2回(毎月1日・15日)配信しています。業界の貴重な情報が無料で手に入ります。メルマガ登録はグリーン情報のホームページから行えます。

■株式会社グリーン情報

事業内容:雑誌・書籍の企画・制作・編集、販売、園芸イベント企画・アドバイス、セミナー・ツアー開催、園芸関連団体の事務局(フラワートライアルジャパン、ガーデンを考える会、日本園芸文化ルネッサンス協会)など

http://www.green-joho.jp/

 

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧