保存法と栄養もチェック!おいしいハクサイの見分け方【野菜ガイド】 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 保存法と栄養もチェック!おいしいハクサイの見分け方【野菜ガイド】

ライフスタイル

保存法と栄養もチェック!おいしいハクサイの見分け方【野菜ガイド】

保存法と栄養もチェック!おいしいハクサイの見分け方【野菜ガイド】

最終更新日:2018年03月22日

鍋料理に欠かせない食材といえばハクサイ。クセがなく、様々な料理に活躍するハクサイですが、一手間加えることでさらにおいしく食べられる方法があります。今回はハクサイの保存法や下ごしらえ、栄養のほか、調理のコツなどをご紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

ハクサイの茎についている黒い点の正体

ハクサイの茎の部分に黒い斑点がついているものがあります。これは「ゴマ症」というハクサイの生理障害で、外部刺激などのストレスが原因です。ハクサイの中にポリフェノール類が蓄積して起こるもので、食べても問題はありませんが、盛りつけなどで気になる場合は取り除くとよいでしょう。

ハクサイの種類

オレンジハクサイ

外側は緑色で、中身が鮮やかなオレンジ色のハクサイ。見た目がきれいなので、漬物や煮物、サラダなどに最適です。

ミニハクサイ

1キロ前後の小型のハクサイです。丸ごと1個使い切ることができるため、近年人気を集めている品種です。

霜降りハクサイ

寒さに強いハクサイ。芯は黄色で糖度が高く、甘みがあるので漬物やキムチ、サラダなどに向いています。

タイニーシュシュ

種苗や農芸用品などの会社「サカタのタネ」が開発した品種です。口当たりが良く、サラダなどの生食向きです。

鍋や汁物、サラダ、漬物と様々な料理に合う万能なハクサイ。本格的に栽培され始めたのは明治時代と、他の野菜と比べると歴史は古くありませんが、私たちの食卓に欠かせない野菜といえます。

 

参考: 「野菜と果物の品目ガイド〜野菜ソムリエEDITION」(農経新聞社)

【野菜と果物ガイド】シリーズはコチラ!

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧