医療とは違うアプローチで健康をめざす ~元医療関係者が自然栽培農家になるまで~ – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 行政・団体・個人の支援 > 医療とは違うアプローチで健康をめざす ~元医療関係者が自然栽培農家になるまで~

行政・団体・個人の支援

医療とは違うアプローチで健康をめざす ~元医療関係者が自然栽培農家になるまで~

医療とは違うアプローチで健康をめざす ~元医療関係者が自然栽培農家になるまで~

2017年12月06日

農業を始めて3年目。ひとりで自然栽培、無肥料・無農薬の農業に取り組んでいる女性農業家がいます。神奈川県相模原市で、「はたけとなかよし」の屋号で農業を営む仲吉京子(なかよしきょうこ)さんです。医療機関で25年以上働いた経験から、食や農業の大切さに気づき、実際に農業家になった仲吉さん。「食」と「農」の深い関連性について、話をうかがいました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

仲吉京子さん略歴
・神奈川県横浜市在住
・神奈川県相模原市の3.3反の田畑にて、米や野菜を栽培
・医療機関で25年以上働いた経験がある
・自然栽培、無農薬・無肥料の農業に取り組む
・「食」から健康を考える取り組みとして、マクロビオティック、精進料理の教室を開催

就農3年目 自分に合う農業を模索中

自然栽培農家

「いまは相模原市で、自然栽培、無農薬・無肥料の野菜や米を栽培しています。横浜市内の自宅から相模原市の畑までは、軽トラックで1時間ほど。現在は、トマトソースに最適なイタリア産のトマト、サンマルツァーノのほか、固定種、在来種、自家採種の野菜など、57品目を栽培しています。

昔から食いしん坊で、食への関心は強かったのですが、実際に農業に携わるようになったのは3年前のことです。試行錯誤しながら、自分に合った農法や品種を見極めています。

農業の師匠である岡本よりたか(おかもとよりたか)さんは、『全然俺の言うことを聞いてない』と苦笑されることも。理論を学んだ後は、私の畑に合ったやり方を開拓していくことが必要ですし、それが農業の楽しい部分だと感じています」。

病院勤務で痛感した「食」と「健康」の相関関係

自然栽培農家

「現在も、夫と共にクリニックを経営していますが、もともと私は25年間、医療機関に勤務していました。病院では、救急救命室や手術室など、緊迫感が続く現場に携わることが多かったです。そして、退院したはずの患者さんが再び病気になり高い頻度で病院に戻ってくることに気づいたのです。

病院の治療は、西洋医学に基づいて行われるものです。ワクチンや抗生剤、抗がん剤などで症状を抑える、いわゆる対処療法が主となります。『悪い箇所を手術や薬の力で取り除く方法いがいに、健康を取り戻す方法はないのだろうか』という疑問が芽生えたのが出発点でした。

健康に関する勉強会に参加したり、本を読んで自分なりに調べました。そして『医療がいくら進歩しても、日常生活や体質が変わらなければ、本当に健康な生活を送ることはできない』という結論に至りました。さらに勉強を進めるうちに、『私たちの身体は食べたものでできている』のだと、食の大切さを確信したのです。

食の乱れが病気を引き起こす原因となっている、その事実を知ってからは『病院とは違ったアプローチで、人々の健康を守れないか』という思いが強くなりました。今から20年ほど前のことです」。

 
【関連記事はこちら!】
>耕作放棄地を一人で耕し就農 自然栽培を貫く女性農家のスタイル

健康になるのかどうかは、食べものしだい

自然栽培農家

「それからは、マクロビオティックや精進料理、自然農など、仕事をしながら『食』と『健康』の問題を考える機会を作りました。

特に、東洋医学の精神を取り入れたマクロビオティックや精進料理には、学ぶところが多かったです。『食べ物で体は作られ、食べものによって病気も作られる』という、私の信念に近いものを感じ、専門家に師事して学ぶようになりました。

健やかな体作りには、局部的な治療ではなく、もっと身体全体をケアし、コントロールすることが必要です。その重要性を広めるため、今でも不定期でマクロビオティックや精進料理の料理教室を開催しています。

『食』の原材料となる食物、特に農業に対しても、自然と関心を持つようになりました。祖母が農家だったこともあり、農業は身近なものでした。スーパーなどで買ったものより、おばあちゃんが作った野菜の方がおいしいと幼い頃から感じていました。『農業』に行きつくのは自然の流れだったのかもしれません。

大きな使命より、目の前の健康を守りたい

自然栽培農家

「一方で、当時私が参加していた自然農やアグロエコロジー(※)に関する勉強会に対しては、違和感を持つこともありました。

『地球』や『環境』のために未来の農業をどうしていくか、という議論はもちろん必要ですが、私にとってはテーマが大きすぎました。農業に携わっていない人たちが農業の未来を語ることは、理想倒れになると感じたのです」。

(※)アグロエコロジー:生態系を守る農業や社会のあり方を求める運動

「『食』や『健康』、それをつくる『農業』は、もっと生活に密着したものであるはず。その思いが強くなるにつれ、『自分で農業にトライしたい』と思うようになりました。その頃おこなわれていた、遺伝子組み換えではない国産大豆を増やすための『大豆トラスト』の活動を通して、農業の師である岡本さんと出会いました。それが大きな転機です。

『農業をやってみよう』と決意してから、実際に就農するまでは1年程度。思い立ったら、速かったですね」。

農業は自然との対話

「NPOでの耕作放棄地の再生利用支援で農業を始めて3年目。新規就農してから1年目ですが、ますますその奥深さに惹かれる毎日です。

農業を学ぶなら、座学やセミナーに通うより実際に体験してみた方が速い。感覚を研ぎ澄まして自然と向き合い自分が体感したことを、これからも皆さんに伝えていきたいです」。

仲吉京子

写真提供:はたけとなかよし

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧