2年で12店舗を展開!スピード出荷を実現する八百屋の裏側 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > マーケティング > 2年で12店舗を展開!スピード出荷を実現する八百屋の裏側

マーケティング

2年で12店舗を展開!スピード出荷を実現する八百屋の裏側

2年で12店舗を展開!スピード出荷を実現する八百屋の裏側

最終更新日:2017年12月15日

関東・中部地方に12店舗を展開する八百屋「Una casita おなかすいた」では、グループ会社である「千権(せんごん)」が市場での仲卸を行っています。八百屋が仲卸に携わることでどのようなメリットがあるのでしょうか。「おなかすいた」を経営する株式会社モンテンの代表取締役、高品謙一(たかしなけんいち)さんに話をうかがいました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

商品の良さを再発見して、消費者に提案する

おなかすいた

「小売業としての使命は、商品の良さをきちんとお客さんに紹介することです。値段だけにとらわれた価格競争はしたくなかったのです」と高品さんはいいます。調味料は比較的高めの価格設定ですが、それは自分たちの足で見つけ出した、こだわりを持って作っている生産者の方たちへ還元するためでもあります。

人が集まって、サスティナビリティ(持続可能性)のある会社を目指すためにも、利益は会社を回していくガソリンです。

「産地の農家からは『曲がったキュウリが売れた』と喜ばれて、市場の人からは『売れなくて困っていた野菜を買ってくれた』と両方から喜んでいただけます。流通経路も絡めてお店を経営することで、日本の風土や伝統を守りながら「おいしい」をスピーディに届けていきます」。

国産野菜と国産調味料で、100年先もおいしい肉じゃがを食べられる環境作りをするのが私たちの目標です」。熱い思いのもとに集まる野菜や調味料は、今日もたくさんの家庭に“おいしい笑顔”を届けています。

おなかすいた

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧