農業への理解を深める「日本農業検定」の概要と試験方法 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 就農 > 農業への理解を深める「日本農業検定」の概要と試験方法

就農

農業への理解を深める「日本農業検定」の概要と試験方法

農業への理解を深める「日本農業検定」の概要と試験方法

最終更新日:2017年12月18日

農業や食に関する知識が必要とされる仕事に就いている方や、家庭菜園や食の安全性などに興味を持っている方などにおすすめする、農業への理解を深めるための資格試験が「日本農業検定」です。農業全体への関心が高まりつつある昨今、注目の高い資格と言えます。今回は日本農業検定の概要と試験方法などについてまとめて紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

日本農業検定の試験対策

日本農業検定

日本農業検定のホームページで、各級の学習に役立つテキストを用意していて、購入が可能です。また日本農業検定のホームページで、2級と3級の模擬テスト(全15問)も用意されているため、現在の自分の実力を試してみることもできます。

平成29年度 日本農業検定実施概要

マークシート方式

試験日程 2018年1月13日(土)
申込期間 2017年10月2日(月)~11月30日(木)
検定会場 東京、大阪の指定会場(受験者が5名以上集まらない場合は非開催となります)
※平成29年度のマークシート方式の受検申込みは終了いたしましたので、CBT方式のみとなります。

CBT方式

試験日程 2018年1月5日(金)~1月18日(木)
申込期間 2017年12月1日(金)~12月29日(金)
検定会場 全国47都道府県の約150会場から、お好きな会場を選択できます。

日本農業検定の受験(個人受験)の申込み手順

日本農業検定

マークシート方式の場合

日本農業検定のホームページより「新規受験者登録」を行い、マイページから申込みを行います。日本農業検定のホームページから申込書をダウンロードして必要事項を記入の上、FAXまたは郵送で申し込むことも可能です。

CBT方式の場合

日本農業検定のホームページより「新規受験者登録」を行い、マイページから申込みを行います。

農業や食べ物への興味を持ったとき、まず農業の正しい知識を得るための第一歩として、日本農業検定の受検を考えてみてはいかがでしょうか。

日本農業検定

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧