100均スポンジで野菜を作ろう!人気ブロガーのアイデア溢れる水耕栽培

マイナビ農業TOP > 行政・団体・個人の支援 > 100均スポンジで野菜を作ろう!人気ブロガーのアイデア溢れる水耕栽培

行政・団体・個人の支援

100均スポンジで野菜を作ろう!人気ブロガーのアイデア溢れる水耕栽培

100均スポンジで野菜を作ろう!人気ブロガーのアイデア溢れる水耕栽培
最終更新日:2019年04月25日

毎日採れたての野菜を食べられるのが家庭菜園の魅力。特にスペースがない、手間をかけたくないという方に人気なのが水耕栽培です。「水耕栽培で順調に育つ野菜に感激した」と話すのは、人気ブログ「いつでもレタス」の“横着じいさん”こと伊藤龍三(いとうりゅうぞう)さん。水耕栽培のハウツーを解説した新著『かんたん水耕栽培 決定版!』から、伊藤さんが習得した初心者でも失敗しない水耕栽培法について紹介します。

水耕栽培の畑となる水耕栽培層の作り方

伊藤さんが水耕栽培でメインにしているのが、お茶パックを使った栽培法で、空のお茶パックの中にスポンジ苗を入れて栽培します。

「種が発芽して双葉が大きくなったら、水耕栽培層に定植します。お茶パック栽培法はカップに引っ掛けるタイプの袋状になったコーヒーパックから思いついたやり方で、葉もの野菜に向いています。培地をまったく使わないので、部屋の中で栽培しても汚れません。失敗も少なく、収穫量も期待できます」。

水耕栽培層を作るのに必要な材料
・双葉になったスポンジ苗
・液体肥料(ハイポニカ)
・お茶パック
・水切りトレイ(ザルとトレイが一対になったもの、B5サイズ)
・水切りネット
・ダスター(不織布でできたふきん)
・プラスチック製のコップ
・アルミ箔シート(アルミ遮熱シート)

1液肥トレイをつくる

水切りトレイ、水切りネット2枚、ダスターを用意します。水切りネット2枚を二つ折りにして8層にします。それをザルに敷き、その上にザルの大きさに合わせて切ったダスターを重ねて敷きます。

2 遮光板をつくる

太陽光を遮り、藻の発生を予防する遮光板をつくります。ザルの底の大きさに合わせてアルミ箔シートを切ります。

3 プラスチックのコップを置く位置を決める

2で切り取ったアルミ箔シートをスポンジ側を上にして置きます。その上にザルを乗せてぴったりと合わせ、コップを置く位置を決めます。

プラコップが置いてあった中心点に、先が細いマジックペンを使ってザルの隙間ごしに、アルミ箔シート上に印をつけます。ほかのコップも同じ作業を行います。

4 円を描く

コップとザルを除き、アルミ箔シ一トにつけた印を中心に、コップの底と同じ大きさの円をマジックペンで描き、ハサミで切り取ります。6つの穴があいたら、アルミ箔シートを縦半分に切り、1のトレイに置いて位置とサイズを確認します。

5 液肥を入れる

ダスターが浸るまで、液肥を注ぎ入れます。藻の発生につながるので、 液肥は表面が浸るくらいまでで、入れすぎないようにします。多く入れた場合は戻します。

【液肥の作り方】

伊藤さんは液体肥料として「ハイポニカ」を利用しています。ハイポニカはA液とB液のセットになっていて、500倍に薄めて使います。定植から収穫まで、この比率は変わりません。2〜3日で使い切る量を作ります。

1 2 3

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧