おならを抑える食べ方は サツマイモの保存方法・栄養【野菜と果物ガイド】 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > おならを抑える食べ方は サツマイモの保存方法・栄養【野菜と果物ガイド】

ライフスタイル

おならを抑える食べ方は サツマイモの保存方法・栄養【野菜と果物ガイド】

おならを抑える食べ方は サツマイモの保存方法・栄養【野菜と果物ガイド】

2018年02月03日

サツマイモは、天候異変に強く荒地でも育成ができることから、一般の作物が凶作のときに代用として栽培される「救荒作物」の一つです。今回はサツマイモの栄養や保存方法、下ごしらえのポイントなどを詳しく説明していきます。サツマイモを食べるとおならが出る理由や、甘みを引き出したいときのマル秘調理方法など、サツマイモに関する豆知識や調理のコツなども合わせて紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

サツマイモの保存方法

サツマイモを家庭で保存するときには、温度と湿度に気をつけましょう。サツマイモは低温と乾燥に敏感なので、新聞紙に包んでから冷暗所に保存しましょう。加熱すれば、冷凍で保存することも可能です。一度カットしたものは傷むのが早いので、ラップで包み冷蔵庫の野菜室に入れて早めに食べきるようにしましょう。

サツマイモの旬と時期

サツマイモの旬と時期は、新物が9月から11月、貯蔵品は翌年1月から春ぐらいまでです。
新物はもちろんおいしいですが、貯蔵品は水分が適度に蒸発して甘みが強くなると言われています。サツマイモの生産量が多い都道府県は、鹿児島県と茨城県、千葉県などです。

サツマイモの下ごしらえ

綺麗に仕上げたいときは、皮の内側にある太いスジの部分まで厚めに皮をむくことで見栄えが良くなります。皮は食物繊維が豊富なので、捨てずに油で揚げて手作りおやつにしたり、きんぴらに利用したりするのが良いでしょう。

アク抜きは、切った後に水で洗ってから、さらに水にさらすようにしましょう。きんとんやスイートポテトなど、色を鮮やかに仕上げたいときには、時々水を変えながら10分程度水にさらします。ただし、水にさらす時間が長いとビタミンCが溶け出してしまうので、仕上がりの色を気にしないときには、2、3分ほどさらせば十分です。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧