【47都道府県の地域食材】海の幸から山の幸まで魅力がいっぱい 静岡県の名産品

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 【47都道府県の地域食材】海の幸から山の幸まで魅力がいっぱい 静岡県の名産品

ライフスタイル

【47都道府県の地域食材】海の幸から山の幸まで魅力がいっぱい 静岡県の名産品

【47都道府県の地域食材】海の幸から山の幸まで魅力がいっぱい 静岡県の名産品
最終更新日:2018年10月09日

温暖な気候と農林水産業に適した地形。海水浴場や温泉など、観光地としても人気の静岡県は、食にも恵まれています。海の名物といえば、生シラスや桜エビでしょうか。一方で山の幸といえば、静岡茶が有名です。他にも、静岡県を代表する名産品は多く、食通の注目を常に集めています。さらなる発展を目指し、独自性をもって取り組んでいる静岡県。今回は豊富な名産品の中からいくつか厳選して紹介します。

静岡県産ミカンの主力、青島みかん

地域食材
県内全域で収穫される青島みかんは、糖度と酸度のバランスがよく、どちらも高い数値が自慢です。メインは12月中旬から3月ですが、貯蔵性があり、生産技術の向上から旬の時期はもう少し長めになります。

生で食べることが一般的ですが、加工品のバリエーションも多いです。また、ジュースやゼリーなどにも使用されているため、土産の原材料になっています。

限定農家で飼育された静岡型銘柄豚「ふじのくに」

地域食材
静岡県は畜産物よりも海産物のイメージが強いかもしれませんが、畜産業は牛肉も豚肉も品質が良いと評判です。

ふじのくには、県内の5つの地域で飼育されており、「フジヨーク」と「フジロック」がベースとなり改良生産されました。繊維が細かい肉はやわらかく、まろやかな舌ざわりです。とんかつや焼肉、煮物などに適しています。

静岡県中小家畜研究センターが開発したため、静岡県独自の銘柄豚として全国区を目指している隠れた名産品なのです。

1 2 3

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧