耐久性向上&資材コスト削減を両立「六角形のダンボール箱」とは
NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 東京会場 9月11日 大阪会場 9月19日 9月20日 NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 東京会場 9月11日 大阪会場 9月19日 9月20日 閉じる

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > 耐久性向上&資材コスト削減を両立「六角形のダンボール箱」とは

農業ニュース

耐久性向上&資材コスト削減を両立「六角形のダンボール箱」とは

耐久性向上&資材コスト削減を両立「六角形のダンボール箱」とは
最終更新日:2018年09月20日

ダンボール箱の製造などを行う森紙業株式会社は、JA全農長野と「六角形のダンボール箱」を開発。箱の角部分を切った形状にすることで、資材コスト削減を狙います。六角形のダンボール箱は、四角いダンボール箱より耐久性があることが特徴です。角部分に産地名などを印刷してPRもできて、今後の活用が注目されています。今回は、森紙業株式会社 営業本部CS推進部の課長、中路哲也(なかじてつや)さんに話をうかがいました。

六角形の段ボール箱にむいている野菜

ハクサイを六角形のダンボール箱に入れたときの角の状態

六角形のダンボール箱は青果向けに開発されたものですが、梱包に向いている野菜と、そうでない野菜があるそうです。

「箱に入れたときに、角部分に隙間が生じる野菜には、六角形のダンボール箱がおすすめです。例えば、スイカやカボチャなど、丸い形状の野菜が挙げられます。一方、キュウリやネギなど、角部分に隙間が生じない野菜は、一般的な四角いダンボール箱の方がたくさん入ります」。

現在、六角形のダンボール箱は、JA木曽の「御嶽はくさい」のほか、石川県のダイコンや北海道のニンニクの梱包にも使用されています。

輸送コストとCO2の削減にも貢献

ダンボール
六角形のダンボールの強みは、強度とコストだけではありません。

無駄な隙間をなくすことで、同量の野菜を詰めたとしても資材のサイズが小さくて済むため、1台のトラックにより多くのダンボール箱を積めるようになり、輸送コストとCO2の削減に繋がるそうです。

また、六角形のダンボール箱は、四角いダンボール箱よりも野菜が詰めやすいそうです。「斜めに切り落とした角の部分は、通常の直角の角に比べて、野菜を詰めたときにフィットしやすい」と中路さんはいいます。

現在、六角形のダンボール箱は、主にJA全農長野で使われています。実際に使った方からは「角の部分が目立って、インパクトがある。斬新だと感じる」という声が届いているそう。反響も大きく、最近では、JA全農長野以外のJAでも使用に向けての試みが始まっています。

六角形のダンボール箱は、2016年に特許を申請。現在はJA全農長野の管轄地域を中心に使用されていますが、今後は全国のJAに提案を展開していくといいます。「一般向けにもリリースできるよう、進めていく予定です」と中路さん。

流通や出荷に欠かせないダンボール。当たり前のように、既製品を使ってしまいがちですが、六角形のダンボール箱も選択肢に入れながら、見直してみてはいかがでしょうか。

森紙業株式会社
画像提供:森紙業株式会社

1 2

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧