【北海道士別市】『地域おこし協力隊』となり、農家を目指しませんか?

マイナビ農業TOP > 就農 > 【北海道士別市】『地域おこし協力隊』となり、農家を目指しませんか?

PR
就農
北海道

【北海道士別市】『地域おこし協力隊』となり、農家を目指しませんか?

【北海道士別市】『地域おこし協力隊』となり、農家を目指しませんか?
最終更新日:2020年02月07日

士別(しべつ)市は、北海道の北部中央に位置する、人口約1万8000人の町です。基幹産業は農業です。稲作・畑作・酪農・畜産など、多種多様な農畜産物が生産されています。士別市では、『地域おこし協力隊(農業支援員)』となって働く人材を求めています。現在、1名の隊員が活動しています。農作業をはじめ、地域のイベントにも参加しながら、田畑を耕して作物を栽培する“耕種農家”を目指しませんか? 農作業では、あなたの興味がある作物に携わることができるかもしれませんので、ぜひご相談ください。

士別市とは、どんな場所?

士別市は、北海道立自然公園『天塩岳』をはじめとする山々や、北海道第2の大河『天塩川』の源流域を有する水と緑豊かな田園都市です。

気候は、四季の変化がはっきりとした内陸性気候で、1日の中や年間ともに気温差が大きく、夏場は高温多照に恵まれます。11月中旬ごろから降り始める雪は、平地で1m、山間部では2mを超える豪雪地帯です。豊かな自然と冷涼で寒暖の差が大きいという気候を生かして、稲作・畑作・酪農・畜産など多岐にわたった農業が営まれています。

水と緑豊かな田園都市~北海道士別市~

道内主要都市から、士別市へは車で、札幌市から約2時間(高速道路)、旭川市から約1時間(一般道)と、アクセスが良い地域です。市内には、医療機関をはじめ、スーパーやホームセンター、ドラッグストア、コンビニエンスストアなどもあるので、安心して生活することができます。

羊のサフォーク種を町づくりのシンボルとしており、士別産サフォークラム肉は、高級羊肉として高いブランド力を誇っています。また、陸上競技やスキージャンプ競技、ウエイトリフティング競技など、幅広い種目の合宿地となり、多くの選手たちが訪れているほか、積雪寒冷な自然条件の下、自動車関連企業の試験研究が行われています。

士別で農家になりたい! 地域おこし協力隊の声

士別市で『地域おこし協力隊(農業支援員)』として働く、梅基さんにお話を伺いました。

士別市に来た、きっかけを教えてください

私は道内出身で、実家は農家だったので、幼いころから、農業は身近な存在でした。地元の農業高校、道外の農業専門学校を卒業し、全国展開している農業法人に就職して全国各地を飛び回っていました。「北海道に戻って農家になりたい」という気持ちが生まれましたが、既に、実家は農家をやめていました。そんな中、SNSで知り合った士別市の農家さんから、『地域おこし協力隊』について紹介され、市役所に問い合わせしました。士別市は、研修・活動できる農作物が限定されていないため、自分に合っていると感じ、応募したのがきっかけです。

農家を目指して、日々奮闘中の梅基隊員

どんな活動をしていますか

私は、2018年5月に『地域おこし協力隊』の任用を受けました。1年目は、地域の農家さんの所で、お米、小麦、大豆、てん菜などの農作業を手伝いながら栽培技術を学びました。2年目は、農家さんの協力を得て、自分でトマト、リーフレタス、茎ブロッコリーの栽培にチャレンジし、実りある活動をすることができました。最終年の3年目は、独立に向けた実践的な活動をしたいと考えています。農作業以外には、地域の盆踊りや雪まつりへの参加、JA青年部の活動、『地域おこし協力隊』の研修にも積極的に参加しています。

将来の目標を教えてください

応募当時に掲げていた「士別市で農家になりたい」という目標に変わりはありません。農業を取り巻く環境は厳しいですが、新規就農して、農業を自分の一生の職業にしたいと考えています。そのためにも、3年目の活動が非常に重要だと感じています。

充実のサポート体制で、あなたを支援します

『地域おこし協力隊(農業支援員)』として、最長3年間、地域の農家の下で農作業などに従事し、市内で耕種農家(田畑を耕し作物を栽培する農家)を目指す人材を求めています。活動期間中は、市から月額報酬20万円をお支払いし、住宅は士別市が用意するので、安心して活動することができます。

また、士別市、JA北ひびきなどで構成する『士別市担い手支援協議会』が、活動中の定期面談や農地取得など独立に向けた準備、就農後の経営開始にかかわる営農もサポートします。

あなたの興味がある作物に携わることができるかもしれませんので、ぜひご相談ください。

活用できる制度の紹介

①研修・活動期間

●地域おこし協力隊(国)
都市部から地方に移住し、地方自治体の委嘱を受け、地域で生活し、各種の地域協力活動を最長3年間行っていただきます。
活動にかかわる費用について、支援を受けることができます。

②独立営農期間

●新規就農者等経営規模拡大支援助成(士別市)
農地賃借料の1/2以内の額を、最長5年間助成。

●新規参入者経営安定化助成(士別市)
農業生産にかかわる固定資産税納付額の1/2以内の額を、最長5年間助成。

●農業次世代人材投資事業【経営開始型】(国)
就農直後の経営を確立する資金。
年間最大150万円を、最長5年間交付。

●青年等就農資金(日本政策金融公庫)
新たに農業経営を開始する方に対し、主に施設・機械取得を使い道とした資金。
最大3700万円を融資。(償還期間17年以内、うち据置期間5年以内)

士別市地域おこし協力隊(農業支援員)の募集はこちら

士別市への移住・定住に関する情報はこちら

【お問い合わせ先】
士別市 経済部 農業振興課
住所:〒095-8686 北海道士別市東6条4丁目1番地
電話番号:0165-23-3121
FAX:0165-22-2478
メールアドレス:noushinka@city.shibetsu.lg.jp

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧