AGRiiN 農業酪農インターンシップ情報サイト Powered by マイナビ農業

INTERNSHIP
農業酪農インターンシップとは?

農業の最先端を見る・知る・学ぶ、インターンシップとは?

このインターンシップ(就業体験実習)は、“農業分野”で働くことについて、理解を深めてもらうことが目的です。
「農業を仕事にしてみたいけれど、どうすれば良いのだろうか」「農業に興味はあるけれど、実際はどうなのかな…」など、
その選び方や興味関心は、人によってさまざまでOK。期間は、受け入れ先によって異なりますが、
実際に“農業”について、多くのことを学び、気付きを得ることができる貴重な機会になります。

01“農業”の仕事が見えてくる

農業を職業にする方々から、実際的な知識や技術・技能に触れることができます。農業を仕事にする方々と一緒に仕事をすることができるのは、なかなかありません。何となく時間を過ごしてしまうのは、勿体ありません。積極的にこうした機会を利用すると良いでしょう。

02農家さんの仕事に対する
想いを聞くことができる

農家さんに近い距離で学ぶことになりますので、色々なお話を本音でしていただけることもあるはずです。なぜ農業の道に進んだのか?やりがいなどをお聞きすることにより、農業への興味が増すきっかけとなるかもしれません。

03経営面(お金に関することなど)
について知ることができる

法人経営者には、農業をするのに必要な資金や独立するならばどう収入を確保していくかなどの、現実的な話まで聞いてみましょう。ご自身の体験談から新規就農の厳しさや、やりがいについて実際の経験をお話していただけるはずです。
あこがれだけではない、農業を通じた自分自身の将来を見据える良い機会となります。

04自然に囲まれた生活が
体験できる

インターンシップ実施地域での自然に囲まれた生活はとても心が癒されるでしょう。
様々な体験談や農業の大変さを聞かせていただいたり、収穫体験で自分が携わったものを食べることは貴重な経験となります。収穫物がどのように料理に加工できるかなども知ることができるでしょう。

05これから何をすべきかを、
考えることができる

インターンシップを通して、色々、気が付くことや学ぶことがあるはずです。
農業に対するイメージが変わった人もいるかもしれません。こうした振り返りを通して、将来農業を仕事にすることを、イメージすることができます。そのためには、これから何をすべきでしょうか。働く先輩たちの姿から、就農多くの選択肢が広がり、視野を広げることができます。

農業の最先端を見る・知る・学ぶ、インターンシップに参加するにあたって

このインターンシップが、皆さんにとって良い時間になるか否かは、皆さん次第です。
初めての環境で、慣れないために、緊張することもあるかと思います。仕事に対するスキルや知識が足りないのは、当然のことです。
分からないことがあれば、訪ねてみてください。主体的な姿勢を持って、自分から積極的に“農業”について、知り・学ぼうとする姿勢が大切になります。

担当者の方に会う前から、インターンシップは始まっています。

■実習が始まる予定時刻の10~15分前までに到着しましょう。

■挨拶は、社会人の基本です。「おはようございます」「おつかれさまです」など、
ビジネスの基本的なマナーである挨拶を欠かすことのないようにしましょう。

■インターンシップ先の担当者の方の指示によって、作業が始まります。
・担当者の方の話をしっかりと聞き、メモを取るようにしてください。
・仕事は、自分だけの判断で進めることのないように、不明点は必ず、担当者の方に確認しましょう。
・仕事に対する取り組みは、相手にも伝わります。

■仕事を円滑に進めるためにも、基本となる<報告・連絡・相談>は、欠かすことのないようにしましょう。
その際には、初めに結論、次いで状況などを伝えていきます。
“正確な情報“と“自分の考え”を分けて、話していきましょう。

インターンシップが終わったら…

インターンシップでの学びを“振り返る”時間を持つようにしましょう。
日々の仕事を通して感じたことや、気が付いたこと、学んだことを書き残しておきましょう。
こうした振り返りを通して、将来農業を仕事をすることについて、具体的なイメージが膨らみます。
そのためには、これから何をすべきでしょうか。ここで得た貴重な経験を、次に生かしてください

参加企業
を見る