ジョブアスインターンシップ 農業酪農インターンシップ情報サイト Powered by マイナビ農業

福島県南相馬市小高区役所

  • 事業内容:自治体(農業振興/担い手確保/地域活性化/地域おこし)
  • 場所:南相馬市原町区・小高区・鹿島区
  • 最終エントリー締切:2022/3/31
畑作
稲作
花卉

個人農家から大規模農家、先進的な生産法人までさまざまな農業が学べます!この地、福島県南相馬市で「農業×田舎暮らし」の体験をしませんか?

農業を通して地域の温かさを感じることができるインターンシップです。経験を積みながら田舎暮らしも体験できるチャンス◎【農業×自分】自分と農業に向き合えるこの機会をぜひ活用してください。農業に興味がある方、未経験でも大歓迎です!

インターン申し込み

エントリー情報

インターンシッププログラム詳細

短期コース

インターン実施期間
現在から2022年3月31日までの期間で1週間以内
エントリー締切
特になし(期間終了まで随時募集)
募集人数
8名程度

ご応募いただいた後に、南相馬市職員よりご連絡します。
ご希望の日程や体験したい作物などを聞かせてください。市職員が地元の農家さん等と調整した上でインターンシップに参加して頂きます。季節の作物や、体験日数に応じた行程を作成します!

■体験可能作物
水稲、大豆、小麦、ブロッコリー、玉ねぎ、ネギ、ミニトマトなど

■体験内容例

《水稲》
9月下旬~10月下旬:収穫作業、乾燥調整作業
11月上旬から12月上旬:耕うん、土づくり(たい肥散布や肥料など)

《ブロッコリー》
9月~10月下旬:肥培管理(※農薬散布、追肥、中耕作業になるため見学のみ)
10月下旬~翌1月中旬:収穫、選別、出荷など
※11月上旬~12月中旬の収穫時ピークを除く。

■スケジュール例(2泊3日の場合)

▶1日目
10:30 常磐線「小高」駅到着
11:00 小高区役所にて事前説明
・スケジュールの確認やインターンシップ概要等を説明します。また、地域おこし協力隊活動インターン生として委嘱式を行います。
12:00 お昼休憩
13:00 小高区役所出発
・市職員が最寄り駅から受入先の農家さんまでお送りします。
13:30 体験開始
・受入先の農家さんや法人様の概要、インターンシップのスケジュールや注意事項の説明があります。
・参加時期に応じた作業体験を行っていただきます。作業以外にも、「農業を経営する上で大切にしていることは?」「この作業でのこだわりは何?」「就農に向けて、どんな知識を身につけたらいい?」等々、受入先の農家さんとコミュニケーションを取りながら、気になったことは積極的に質問してみましょう!
17:00 体験終了
・市職員が受入先の農家さんまで迎えに行き、宿泊施設までお送りします。

▶2日目
8:00 体験開始
・市職員が宿泊施設まで迎えに行き、受入先の農家さんまでお送りします。
12:00~13:00 お昼休憩
17:00 体験終了
・市職員が受入先の農家さんまで迎えに行き、宿泊施設までお送りします。

▶3日目
8:00 体験開始
・市職員が宿泊施設まで迎えに行き、受入先の農家さんまでお送りします。
12:00 体験終了
12:00 お昼休憩
13:00 フィードバック
・小高区役所に来ていただき、体験の振り返りを行います。農業の現場で体験した感想や、得られた知識をお話しください。また、市の移住や農業に関する支援制度をご紹介しますので、「自分がここで移住就農したら…」というイメージを膨らませていただけると嬉しいです。
14:30 小高駅到着…帰路へ
・市職員が駅までお送りします。

上記インターンシッププログラムで「学べること」

農業界の知識,コミュニケーションスキル,PDCAサイクル,質問する力,自己分析力,農業専門機器の名称,作物の観察方法,経営知識,収穫適期の見分け方,現役スタッフとの交流,現地の生活体験

中期コース

インターン実施期間
現在から2022年3月31日までの期間で2週間以内
エントリー締切
特になし(期間終了まで随時募集)
募集人数
5人程度

ご応募いただいた後に、南相馬市職員よりご連絡します。ご希望の日程や体験したい作物などを聞かせてください。
市職員が地元の農家さん等と調整した上でインターンシップに参加して頂きます。季節の作物や、体験日数に応じた行程を作成します!

《中期研修の魅力》

体験できる期間が長いのでしっかりと農業に向き合えるだけでなく、地域の方とのコミュニケーションを通して地域の暮らしも実感できます!
「農業経営」や専門的な「栽培技術」、「知識」をより踏み込んで学べるのが魅力です!


■体験可能作物
水稲、大豆、小麦、ブロッコリー、玉ねぎ、ネギ、ミニトマトなど

■体験内容例

《水稲》
9月下旬~10月下旬:収穫作業、乾燥調整作業
11月上旬から12月上旬:耕うん、土づくり(たい肥散布や肥料など)
《ブロッコリー》
9月~10月下旬:肥培管理(※農薬散布、追肥、中耕作業になるため見学のみ)
10月下旬~翌1月中旬:収穫、選別、出荷など
※11月上旬~12月中旬の収穫時ピークを除く。

■スケジュール例(14日間の場合)

▶1日目
10:30 常磐線「小高」駅到着
11:00 小高区役所にて事前説明
・スケジュールの確認やインターンシップ概要等を説明します。また、地域おこし協力隊活動インターン生として委嘱式を行います。
12:00 お昼休憩
13:00 小高区役所出発
・市職員が最寄り駅から受入先の農家さんまでお送りします。
13:30 体験開始
・受入先の農家さんや法人様の概要、インターンシップのスケジュールや注意事項の説明があります。
・参加時期に応じた作業体験を行っていただきます。作業以外にも、「農業を経営する上で大切にしていることは?」「この作業でのこだわりは何?」「就農に向けて、どんな知識を身につけたらいい?」等々、受入先の農家さんとコミュニケーションを取りながら、気になったことは積極的に質問してみましょう!
17:00 体験終了
・市職員が受入先の農家さんまで迎えに行き、宿泊施設までお送りします。

▶2日目~13日目
8:00 体験開始
・市職員が宿泊施設まで迎えに行き、受入先の農家さんまでお送りします。
12:00~13:00 お昼休憩
17:00 体験終了
・市職員が受入先の農家さんまで迎えに行き、宿泊施設までお送りします。

▶14日目
8:00 体験開始
・市職員が宿泊施設まで迎えに行き、受入先の農家さんまでお送りします。
12:00 体験終了
12:00 お昼休憩
13:00 フィードバック
・小高区役所に来ていただき、体験の振り返りを行います。農業の現場で体験した感想や、得られた知識をお話しください。また、市の移住や農業に関する支援制度をご紹介します。
「将来、移住就農したら…」というイメージを膨らませていただけると嬉しいです。
14:30 小高駅到着…帰路へ
・市職員が駅までお送りします。

上記インターンシッププログラムで「学べること」

農業界の知識,コミュニケーションスキル,PDCAサイクル,質問する力,自己分析力,農業専門機器の名称,作物の観察方法,経営知識,収穫適期の見分け方,現役スタッフとの交流,現地の生活体験

長期コース

インターン実施期間
現在から2022年3月31日までの期間で2週間から3ヶ月以内
エントリー締切
特になし(期間終了まで随時募集)
募集人数
1名程度

ご応募いただいた後に、南相馬市職員よりご連絡します。ご希望の日程や体験したい作物などを聞かせてください。
市職員が地元の農家さん等と調整した上でインターンシップに参加して頂きます。季節の作物や、体験日数に応じた行程を作成します!

《長期研修の魅力》

長期間、「農業」と「地域の暮らし」をしっかり、じっくり経験することで、より具体的に「就農」のイメージを持つことができます。
3ヶ月の体験の場合、季節をまたがる作業体験ができるため、学びも一層深いものになります。

■体験可能作物
水稲、大豆、小麦、ブロッコリー、玉ねぎ、ネギ、ミニトマトなど

■体験内容例
《水稲》
9月下旬~10月下旬:収穫作業、乾燥調整作業、
11月上旬から12月上旬:耕うん、土づくり(たい肥散布や肥料など)

《ブロッコリー》
9月~10月下旬:肥培管理(※農薬散布、追肥、中耕作業になるため見学のみ)
10月下旬~翌1月中旬:収穫、選別、出荷など
※11月上旬~12月中旬の収穫時ピークを除く。

■スケジュール例(30日間の場合)

▶1日目
10:30 常磐線「小高」駅到着
11:00 小高区役所にて事前説明
・スケジュールの確認やインターンシップ概要等を説明します。また、地域おこし協力隊活動インターン生として委嘱式を行います。
12:00 お昼休憩
13:00 小高区役所出発
・市職員が最寄り駅から受入先の農家さんまでお送りします。
13:30 体験開始
・受入先の農家さんや法人様の概要、インターンシップのスケジュールや注意事項の説明があります。
・参加時期に応じた作業体験を行っていただきます。作業以外にも、「農業を経営する上で大切にしていることは?」「この作業でのこだわりは何?」「就農に向けて、どんな知識を身につけたらいい?」等々、受入先の農家さんとコミュニケーションを取りながら、気になったことは積極的に質問してみましょう!
17:00 体験終了
・市職員が受入先の農家さんまで迎えに行き、宿泊施設までお送りします。

▶2日目~29日目
8:00 体験開始
・市職員が宿泊施設まで迎えに行き、受入先の農家さんまでお送りします。
12:00~13:00 お昼休憩
17:00 体験終了
・市職員が受入先の農家さんまで迎えに行き、宿泊施設までお送りします。

▶30日目
8:00 体験開始
・市職員が宿泊施設まで迎えに行き、受入先の農家さんまでお送りします。
12:00 体験終了
12:00 お昼休憩
13:00 フィードバック
・小高区役所に来ていただき、体験の振り返りを行います。農業の現場で体験した感想や、得られた知識をお話しください。また、市の移住や農業に関する支援制度をご紹介します。
「将来、移住就農したら…」というイメージを膨らませていただけると嬉しいです。
14:30 小高駅到着…帰路へ
・市職員が駅までお送りします。

上記インターンシッププログラムで「学べること」

農業界の知識,コミュニケーションスキル,PDCAサイクル,質問する力,自己分析力,農業専門機器の名称,作物の観察方法,経営知識,収穫適期の見分け方,現役スタッフとの交流,現地の生活体験

新型コロナウイルス対策について

私たちの取組み

弊社では以下の感染防止対策を行っております。

  1. インターンシップ研修における「3密(密閉、密集、密接)」を回避しています
  2. 受入担当員及び他スタッフは、検温等健康管理に努め、手洗いを励行しています
  3. 受入担当員及び他スタッフは、マスクを着用しています
  4. 共有部分の消毒を定期的に実施しています
  5. 参加前に、ビデオ通話で打ち合わせ対応可能です

参加する方へお願いしたいこと

  • マスクなどの感染防止グッズは持参をお願いいたします
  • 体調不良(発熱、咳等の風邪症状)の方及び、研修当日より過去14日以内に新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した者との濃厚接触や、身近な知人の感染が疑われる場合は参加を控えてください
  • 手指の消毒、手洗いの励行をお願いします
  • 参加中はマスクの着用をお願いします(呼吸器系疾患がある場合などは相談ください)
  • 参加中に体調不良になった場合、速やかにお申し出ください
  • 休憩中もソーシャルディスタンスの確保をお願いしています
  • 緊急事態宣言など政府の要請に応じて、適宜受入状況を変更する可能性があります(最新の受入状況は、ジョブアスインターンシップ上で告知します)
インターン申し込み