- - -
受け入れ可能期間
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月

エントリー情報

インターンシッププログラム詳細

酪農コース

インターン実施期間
2022年4月1日~2023年3月31日までの中で3日間※長期のインターンシップも受け入れています。その場合は別途ご相談ください。
エントリー締切
特になし(期間終了まで随時募集)
募集人数
特になし

【1日目】
●最寄り交通機関<JR音威子府駅>到着
※担当者がお迎えにあがります!
※途中、スーパーに立ち寄りますので、そちらで必要なものの買い物をお願いします。
●オリエンテーション
・インターンシップのスケジュール説明
・トレーナー紹介
・作業着のサイズ合わせ

●会社概要説明
・当社社長&採用担当より会社概要の説明

●牧場見学
・牛舎、パーラー、哺育舎などをご案内しつつ、明日の作業の説明をします。

●レポート記入

●歓迎会!

【2日目】
●日中作業の見学&手伝い
・朝の搾乳作業体験の見学&レクチャー
※それにプラスして、<牛の観察>もしていただきます。
牛の異変を察知し、適時対応することの大切さを学んでいただきます。

●人工授精師が語る<ふぁ~む未来>の戦略
ふぁ~む未来がなぜ良い繁殖成績をあげられているのか?
それは、熟練の人工授精師の存在と牛の状態に合った飼料配合ができるからこそ!
10年以上の実績がある人工授精師の話を直接聞ける貴重な機会です。

●昼食

●搾乳作業体験

●レポート記入

●夕食


【3日目】
●朝の搾乳作業体験

●哺育作業体験
産まれたての仔牛たちにごはんをあげる作業です。
仔牛の観察も大事なお仕事です!

●レポート記入

●昼食

●部屋の片づけ

●最寄り交通機関<JR音威子府駅>へ送迎

※研修日数や研修内容はご希望に沿って組立てることができますので、ご希望をお伝えください!
〇例えば…
・10日間じっくり取り組みたいのですが…
・哺育のプロフェッショナルを目指したいです!
など、ご要望はなんでもOK!
インターンシップにお越しになる前にじっくり打合せしましょう!

上記インターンシッププログラムで「学べること」

農業界の知識,コミュニケーションスキル,PDCAサイクル,質問する力,農業専門機器の名称,専門機器の使用方法,家畜の観察方法,作物の観察方法,現役スタッフとの交流,現地の生活体験

新型コロナウイルス対策について

私たちの取組み

弊社では以下の感染防止対策を行っております。

  1. インターンシップ研修における「3密(密閉、密集、密接)」を回避しています
  2. 受入担当員及び他スタッフは、検温等健康管理に努め、手洗いを励行しています
  3. 受入担当員及び他スタッフは、マスクを着用しています
  4. 共有部分の消毒を定期的に実施しています
  5. 作業着などは個人専用のものを用意しています

参加する方へお願いしたいこと

  • マスクなどの感染防止グッズは持参をお願いいたします
  • 体調不良(発熱、咳等の風邪症状)の方及び、研修当日より過去14日以内に新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した者との濃厚接触や、身近な知人の感染が疑われる場合は参加を控えてください
  • 手指の消毒、手洗いの励行をお願いします
  • 参加中に体調不良になった場合、速やかにお申し出ください

この募集をシェアするShare

最近見た募集Recent Internship