- - -
受け入れ可能期間
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月

エントリー情報

インターンシッププログラム詳細

農業現場・経営を体験するインターンシップ!

インターン実施期間
2022年4月1日〜2023年3月31日
・1週間〜2週間
※3~4週間、1ヶ月~も歓迎
エントリー締切
特になし
(期間終了まで随時募集)
募集人数
同時期に1〜2名程度

★★★しっかり学び、経験を積みたい方向け★★★
十勝・大規模畑作!農業30年のベテラン・海外農業ベンチャー出身者と共に試行錯誤し、農業・経営を学びたい方を大募集!
「農業界を更に良くしたい」、「将来に向けた経験を積みたい」というような気持ちを胸に秘めている方に、オススメのインターンです!

■流れ
・送迎(帯広空港・帯広駅より)→ オリエンテーション(進め方・スケジュール確認等)
→ 農場・施設見学 → インターン活動開始

■内容
・北海道十勝で、畑作・林業の大規模複合経営を行っています。
・栽培管理(播種〜収穫)、農機具整備・改良、山林管理、現場・経営改善等、多様な業務に関わる機会があります。
・参加期間や時期、本人の経験や意向を踏まえて、様々な活動を体験・実践頂けます!

(主な栽培品目)
・小麦、大豆、小豆、スイートコーン

■時間
・7:00〜11:30、13:00〜17:30(目安)
※昼休憩を含め、休憩時間は別途あります。
※授業や就活、本業等との同時並行も可能(午前:インターン/午後:授業等)。
※インターンの方のスケジュールは、時期や本人の都合等を踏まえて、決めていきます。


■期間
・1週間〜2週間
※3~4週間、1ヶ月~のご相談も歓迎です(複数名の中長期希望者の受入実績あり)。
※申込時に候補期間・時期をお伝えください。
※期間や時期、本人の経験や意向を踏まえて、その方に合わせた内容を検討致します。

■備考
・海外農業ベンチャーや大規模先鋭農業法人、製造業のコンサル等で業務経験のある者の直下です。
・週次で、1on1ミーティング(何でも相談・フィードバック)の機会をつくります。
・現場作業に必要となる軍手、作業靴はお貸しします(作業着は汚れても良い服をご用意ください)。
・業務では、SlackやGoogleドライブ等のITツールを積極的に活用します。
・Wi-Fiは使い放題です。
・農業・経営関連等の書籍や雑誌、新聞が読み放題です(1,200冊以上)。
・PCR検査等、感染対策にご協力をお願いします(費用はこちらで負担します)。

■(補足1)インターン参加実績
・学校:青山学院大学、慶應義塾大学、専修大学、北海道大学等
・学部:経済学部、農学部、文学部等

■(補足2)インターン活動例
・Aさん(2週間):業務体験&自主改善12個・インプット13冊
・Bさん(4週間):業務体験&自主改善25個・インプット23冊

(自主改善に関して)
インターンに参加された方は、播種や圃場管理、出荷作業のような定常業務に関わることはもちろん、
自ら現場で問題を見つけ、解決策を作り、実行まで落とし込むという現場・経営改善に取り組む経験が得られます。
インターンによる改善案は尊重され、すぐに検証・実行できる場、論理的思考力や目標達成力等を鍛えられるサポートもあります。
※取り組み例:5Sに基づき倉庫の棚の刷新、熱中症・安全対策のアイテムの設置、情報共有システムの仕組みの更新

(インプットに関して)
原則、毎日インプット用の時間を確保できるようにしています。
インターンの方自身の興味関心に応じて、様々な書籍を自由に利用頂けます。
また、その方の希望や悩み等を聞きながら、オススメのものを選書する支援も行います。

■(補足3)インターン参加者の声
・実際に農業の現場に赴くなかで、毎日が発見の連続でした。農業という一側面のみならず、経営や人生観など幅広い学びがありました。
・農業の厳しさと楽しさなど外からでは分からないことに気が付けました。また、生産者視点からの「食」についても考えることができました。
・短い期間の中でも成長できたこと、鍛えていく必要のある分野を明確にできたことは、私の今後の人生においても大きな転換点になると思いました。
・実際に働かれている方の読書量に驚くとともに、農業・経営・哲学・小説等を常に学ぶ積み重ねが、より深い視点や人間性を形成することに触れ、自分自身の学びへの向き合い方が変わりました。
・農業は想像以上に工業であり、知識産業であること、現場には無限の「改善」の余地があることを学びました(ここでインターンシップを行ったというバイアスもありますが)。
・改善活動では、インターンの提案も即時取り入れてくださったのが有り難かったです。学んだ創造性と実行力は、どの分野でも活かしていけると感じ、その後に始めたアルバイト先では見える化や5Sの工夫を提案し、職場の生産性向上に貢献できました。
・農業を何も知らない状態から、北海道十勝の本格的な農業の世界、髙橋農林ならではの経営哲学や創意工夫を学びたいと思い立ったのですが、実際に農作業から経営業務まで関わる貴重な機会を頂き、日本の農業と食により関わりたいという意志が強くなりました。

★★★★★
■インターンシップ責任者からのメッセージ
インターンシップ責任者自身、農家の後継者として生まれ、海外農業ベンチャーや大規模先進農業法人、製造業のコンサル等、
国内外の様々な農場・会社で仕事をしてきました。
複数社での経験によって、農業技術・ビジネススキルを鍛えられたとともに、自分の視野を広げることができたと感じています。
自社の良い点・課題点(業務が属人的、5Sが充分でなかった等)を客観視できる視点や、辿り着くべき基準を自分の中に持てることは、
外の世界を経験する大きな価値だと実感しています。
限られた期間ではありますが、このインターンシップがそんな環境となれば嬉しいです!

「農業の世界を更に良いものにしたい」、「農業技術とビジネススキルの両方を高めたい」、
「家業以外の農業経営にも関わってみたい」という気持ちを胸に秘めている方と出会えること、心より楽しみにしています!
★★★★★

上記インターンシッププログラムで「学べること」

農業界の知識,コミュニケーションスキル,PDCAサイクル,質問する力,自己分析力,農業専門機器の名称,専門機器の使用方法,経営知識,論理的思考力,現場改善力

新型コロナウイルス対策について

私たちの取組み

弊社では以下の感染防止対策を行っております。

  1. インターンシップ研修における「3密(密閉、密集、密接)」を回避しています
  2. 受入担当員及び他スタッフは、検温等健康管理に努め、手洗いを励行しています
  3. 共有部分の消毒を定期的に実施しています
  4. 参加前に、ビデオ通話で打ち合わせ対応可能

参加する方へお願いしたいこと

  • マスクなどの感染防止グッズは持参をお願いいたします
  • 体調不良(発熱、咳等の風邪症状)の方及び、研修当日より過去14日以内に新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した者との濃厚接触や、身近な知人の感染が疑われる場合は参加を控えてください
  • 手指の消毒、手洗いの励行をお願いします
  • 参加中に体調不良になった場合、速やかにお申し出ください
  • 緊急事態宣言など政府の要請に応じて、適宜受入状況を変更する可能性があります(最新の受入状況は、ジョブアスインターンシップ上で告知します)
  • 参加時にPCR検査を受けて頂きます(費用はこちらで負担します)。

この募集をシェアするShare

最近見た募集Recent Internship