- - -
受け入れ可能期間
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月

エントリー情報

インターンシッププログラム詳細

【畑作or畜産】農業体験コース

インターン実施期間
2022年7月1日~2023年1月31日の中で1泊2日の農業体験です。 ※到着・帰宅時間に合わせた農業体験、日帰りでの農業体験等にも対応可能ですので、ご相談ください。 ※農業体験終了後、長期体験を希望される場合は、小野町役場産業振興課へご相談ください。
エントリー締切
期間終了まで随時募集
募集人数
2~3組 ※1組の上限は2名まで

●申込者の希望に合わせ、【畑作】と【畜産】それぞれの農業体験に対応できます。
●体験内容は、実施時期や天候等によって異なりますが、事前に希望を教えてください。

◎体験内容等
【畑作】
 <栽培品目>
 小松菜 :7月~12月末
 トマト :7月中旬~10月中旬
 エダマメ:7月下旬~9月上旬
 水稲  :9月下旬~10月上旬
 チヂミホウレンソウ:1月
 
 <体験内容>
 栽培体験、収穫体験、その他各種農作業体験等

【畜産】
 <対象品目>
 酪農(生乳)、酪農(乳子牛)、肉用牛(繁殖)、肉用牛(肥育)
 <体験内容>
 牛へのミルク・エサやり体験、搾乳体験、牧草の刈取・収穫体験等

◎スケジュール等
 <持ち物>
 作業着・長靴・軍手・雨具・着替え・宿泊用具
 <集合場所>
 公共交通機関を利用される場合は、JR郡山駅までお越しください。
 お車でお越しの方は、小野町役場までお越しください。
 体験中の移動は全て職員が行います。

■1日目
(1)移動:集合場所から体験場所まで移動します。
(2)オリエンテーション:体験場所に到着後、自己紹介、体験内容の説明を行います。
(3)農業体験:受入れ農家さんの元で、農業体験を行います。
(4)移動:体験場所から宿泊先まで移動します。

■2日目
(1)移動:宿泊先から体験場所まで移動します。
(2)農業体験:受入れ農家さんの元で、農業体験を行います。
(3)振り返り:農業体験を通して思ったことや農業に関する疑問等を農家さん、職員にお話しください。
(4)移動:体験場所から最初の集合場所まで移動します。


\こちらもぜひcheck!!/
田村地域の農業についての特設サイトです!
体験前に、ぜひ見てみてくださいね◎
https://agri.mynavi.jp/fukushima-tamura/

上記インターンシッププログラムで「学べること」

農業界の知識,コミュニケーションスキル,質問する力,農業専門機器の名称,専門機器の使用方法,家畜の観察方法,作物の観察方法,経営知識,収穫適期の見分け方,現役スタッフとの交流

新型コロナウイルス対策について

私たちの取組み

弊社では以下の感染防止対策を行っております。

  1. インターンシップ研修における「3密(密閉、密集、密接)」を回避しています
  2. 受入担当員及び他スタッフは、検温等健康管理に努め、手洗いを励行しています
  3. 受入担当員及び他スタッフは、マスクを着用しています
  4. 共有部分の消毒を定期的に実施しています
  5. 参加前に、ビデオ通話で打ち合わせ対応可能です

参加する方へお願いしたいこと

  • マスク等の感染防止グッズは持参をお願いいたします
  • 体調不良(発熱、咳等の風邪症状)の方、及び研修当日より過去14日以内に新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した者との濃厚接触があった場合や、身近な知人の感染が疑われる場合は参加をお控えください
  • 複数のインターンシップに参加する場合は、14日間以上の間隔を空けてください
  • 手指の消毒、手洗いの励行をお願いいたします
  • 参加中はマスクの着用をお願いいたします(呼吸器系疾患がある場合等は相談ください)
  • 参加中に体調不良になった場合、速やかにお申し出ください
  • 持参されたペットボトル等のごみはお持ち帰りいただくようお願いしています
  • 休憩中もソーシャルディスタンスの確保をお願いしています
  • 緊急事態宣言等の政府の要請に応じて、適宜受入状況を変更する可能性があります(最新の受入状況は、ジョブアスインターンシップ上で告知します)

この募集をシェアするShare

最近見た募集Recent Internship