AGRiiN 農業酪農インターンシップ情報サイト Powered by マイナビ農業

士幌町酪農ヘルパー有限責任事業組合

  • 事業内容:酪農ヘルパー
  • 勤務地:北海道河東郡士幌町全域
  • 最終エントリー締切:2021年3月31日

酪農組織ガバナンスも充実してます。優しい酪農家、職人気質で気立ての良い職員が酪農体験研修をWelcomeサポートします!

都会では味わうことができない「高くて澄みきった青い空」「沢山の星が見える夜空」の中で健康的な日を過ごしてみませんか?
士幌町の酪農スタッフが皆様をお待ちしております。

インターン申し込み
企業紹介を見る

エントリー情報

インターンシッププログラム詳細

酪農体験研修

インターン実施期間
2020年7月1日~ 往来含め7日間 
エントリー締切
特になし
募集人数
100名

【到着初日】
1.オリエンテーション(約10分)※酪農体験研修のスケジュール表をお渡しします。
2.酪農業界・酪農ヘルパー組織状況について説明(約60分)※事務局説明
3.宿泊先で夕食 ※事務所から3分 ※到着初日終了

【研修1日目】
1.酪農現場で朝の搾乳業務等(約3時間)※送迎します
2.朝食(宿泊先)
3.酪農ヘルパー業務の説明(約2時間)※ヘルパー職員
4.昼食(ヘルパー職員と町内飲食店)
5.休憩(13:00~夕搾乳業務)
6.酪農現場で夕の搾乳業務等(約3時間)※送迎します
7.夕食(宿泊先)

【研修2日目】
1.酪農現場で朝の搾乳業務等(約3時間)※送迎します
2.朝食(宿泊先)
3.乳牛について勉強(約2時間)※JA診療課 獣医師
4.昼食(宿泊先)
5.休憩(13:00~夕搾乳業務)
6.酪農現場で夕の搾乳業務等(約3時間)※送迎します
7.夕食(宿泊先)

【研修3日目】
1.酪農現場で朝の搾乳業務等(約3時間)※送迎します
2.朝食(宿泊先)
3.町内酪農家研修視察(約2時間)※町内の酪農家数名から直接お話を聞けます 事務局送迎
4.昼食(町内飲食店)
5.町内酪農家研修視察(約3時間)※町内の酪農家数名から直接お話を聞けます 事務局送迎
6.夕食(宿泊先)※夕食後希望者は町内温泉で入浴可能。事前にタオル等を準備していただきます

【研修4日目】
1.酪農現場で朝の搾乳業務等(約2時間)※送迎します
2.朝食(宿泊先)
3.町内の酪農施設視察(約2時間)※農協記念館、株式会社新田TMRセンター、士幌町農業協同組合直営牧場・新田牧場
4.昼食(士幌町農協食堂で食事)農業の歴史に触れることができます
5.よつ葉乳業を視察 =予定=(約3時間)※JA送迎
6.夕食(宿泊先)

【研修5日目】
1.酪農現場で朝の搾乳業務等(約3時間)※送迎します
2.朝食(宿泊先)
3.士幌町の農業、町の年間イベント、居住、生活環境について説明(2時間)※士幌町役場
4.昼食(道の駅で地元食材を使用した料理を)
5.町内施設を視察研修
6.夕食(宿泊先)※夕食後希望者は町内温泉で入浴可能。事前にタオル等を準備していただきます

帰宅
1.十勝のメインである帯広市で買い物や飲食等堪能し、時間タップリ余裕をもったフライト便で帰宅 ※参加費10,000円が必要になります。(参加費は研修にかかる費用)
※到着時間、曜日によってスケジュール変更があります。また研修日数等はご希望に沿って組立てますので無理なく・遠慮なく願い出て下さい

= 例として ===========================
〇3日間の研修を希望してますが可能でしょうか?
〇トータル10日間お願い出来ないでしょうか?
〇酪農家にホームステイは出来ますでしょうか?
==================================

注意)
〇履歴書等(顔写真、生年月日、年齢、住所、電話番号、メールアドレス、靴サイズ、オーバーオールサイズがわかれば良いです)必要です
〇宿泊はこちらで予約準備し費用は一切かかりません
〇酪農現場で着用する衣類と長靴はこちらで用意しますので、作業着のサイズと足のサイズを事前に報告して下さい  ※費用はかかりません
〇北海道の秋冬シーズン早朝・夕方は寒いので作業着の上に羽織るジャンバー等を持参願います。
〇フライトチケットは最寄の空港から発・到着できるようこちらで手配しますが、搭乗手続き時に発行される搭乗券をこちらに提出して下さい。また復路の搭乗券は後日郵送していただきます。※費用はかかりません
〇JR乗車料金、バス代は一旦立替払いいただき、宛名『士幌町酪農ヘルパー有限責任事業組合』、但書き『酪農体験研修交通費』で発行願います。
立替費用と復路分の交通費は到着初日に支給しますので印鑑を持参願います。 ※費用はかかりません
〇簡単なアンケート調査をしますのでご協力願います。

上記インターンシッププログラムで「学べること」

農業界の知識,コミュニケーションスキル,PDCAサイクル,質問する力,自己分析力,農業専門機器の名称,専門機器の使用方法,牛の観察方法,作物の観察方法,経営知識,その他

インターン申し込み