AGRiiN 農業酪農インターンシップ情報サイト Powered by マイナビ農業

PREPARATION

インターンシップに参加するにあたって

農業の最先端を見る・知る・学ぶ、インターンシップに参加するにあたって

このインターンシップが、皆さんにとって良い時間になるか否かは、皆さん次第です。
初めての環境で、慣れないために、緊張することもあるかと思います。
仕事に対するスキルや知識が足りないのは、当然のことです。
分からないことがあれば、訪ねてみてください。
主体的な姿勢を持って、自分から積極的に“農業”について、知り・学ぼうとする姿勢が大切になります。

担当者の方に会う前から、インターンシップは始まっています。

■実習が始まる予定時刻の10~15分前までに到着しましょう。

■挨拶は、社会人の基本です。「おはようございます」「おつかれさまです」など、
ビジネスの基本的なマナーである挨拶を欠かすことのないようにしましょう。

■インターンシップ先の担当者の方の指示によって、作業が始まります。
・担当者の方の話をしっかりと聞き、メモを取るようにしてください。

・仕事は、自分だけの判断で進めることのないように、不明点は必ず、担当者の方に確認しましょう。

・仕事に対する取り組みは、相手にも伝わります。

■仕事を円滑に進めるためにも、基本となる<報告・連絡・相談>は、欠かすことのないようにしましょう。
その際には、初めに結論、次いで状況などを伝えていきます。
“正確な情報“と“自分の考え”を分けて、話していきましょう。

インターンシップが終わったら…

インターンシップでの学びを“振り返る”時間を持つようにしましょう。
インターンシップでの体験を通して感じたことや、気が付いたこと、学んだことを書き残しておきましょう。
こうした振り返りを通して、将来農業を仕事とすることについて、具体的なイメージが膨らみます。
AGRiiNではみなさんの貴重なインターンシップの体験談も募集しています。キャンペーンも開催中なのでぜひ有効に活用してください。