ディープバレーアグリテックアワード2019 コンセプト部門最優秀賞

マイナビ農業TOP > ディープバレーアグリテックアワード > ディープバレーアグリテックアワード2019 コンセプト部門最優秀賞

ディープバレーアグリテックアワード2019 コンセプト部門最優秀賞

News

お知らせ

農業者と需要家をITでつなぎ持続可能な農業と豊かな地域社会を実現

株式会社 PROPELa CEO 山中 祐一郎(やまなか・ゆういちろう)さん/COO 松﨑 暢之(まつざき・のぶゆき)さん

インタビュー

2019.11.28

株式会社PROPELa
生産活動のデータ化と最適化で地域をつなぐ

「目標に掲げる『誰もが農業で夢を描ける社会を作る』ための第一歩を踏み出せたことに感謝します」。株式会社PROPELa CEOの山中祐一郎さんは使命感に満ちた表情で語りました。 「ユーザーが喜ぶようなビジネスモデルやコンセプトを突き詰めてきたかいがありました」。パートナーの松﨑暢之さんも喜びの気持ちを表しました

農家と需要家などをつなぐITの仕組みに加え、建築家として得意分野である空き家のリフォームや田舎暮らしの空間設計まで、地域の価値づくりをトータルで提案しました。
地域における生産から流通までの流れをサポートするITの仕組みは3つ。1つ目は、日常の栽培管理から、農地の生産能力評価や販売機会につなげていくアプリ「CropTIME」。2つ目は、地産地消を促進するために需要家から地理的に近い順に生産者の収穫情報が表示され、商談できる仕組みをつくるWebサイト「地産FINDER」。3つ目は、農家と需要家と市民の新たなコミュニケーション空間を提供するSNS「ジモTALK」。この3つのサービスの連携によって農家が儲かる仕組みづくりを推進します。
併せて、移住したくなる・農業を始めたくなる住環境の整備や、地域体験の入り口となる農業コンセプトのキャンプ場開発、また、収穫体験のできる農業研究施設から、荒れ地を観光農園に変換するランドスケープ開発、植物工場と教育施設を兼ねたアミューズメントパークまで、子供も大人も農業と触れ合える場の企画を通して、農業の周辺人口の拡大を目指します。

今後は、提案したプランで得た成果を「深谷モデル」として全国の自治体に横展開していく考えです。その先に、農業を軸にした新しい田舎暮らしの形の実現を見据えています。
「農業をカッコよく稼げる仕事にして、持続可能な農業と豊かな地域社会を実現します」。山中さんが壇上で語った言葉に決意がみなぎっていました。

株式会社 PROPELa
【所在地】
東京都新宿区新宿5−14−3有
恒ビル5F
【主な事業内容】 時空間(位置)情報利用アプリの企画・開発
プロバイダー向け/ビッグデータ取引マーケットサービス

受賞者一覧へ