ディープバレーアグリテックアワード2019 プロダクト部門最優秀賞

マイナビ農業TOP > ディープバレーアグリテックアワード > ディープバレーアグリテックアワード2019 プロダクト部門最優秀賞

ディープバレーアグリテックアワード2019 プロダクト部門最優秀賞

News

お知らせ

独自の栽培方法で分業化・省力化を追求深谷市を“アグリトピア”にアップデート

グリーンラボ 株式会社 取締役社長 遠藤隆之(えんどう・たかゆき)さん/グリーンラボ 株式会社 代表取締役 長瀬 勝義(ながせ・かつよし)さん

インタビュー

2019.11.28

グリーンラボ株式会社
遊休地を活用し、新深谷ブランドを創出

「深谷市をアップデートする取り組みに挑戦できることに感謝するとともに、責任を持って期待に応えていきます」。グリーンラボ株式会社 取締役社長の遠藤隆之さんは気を引き締めました。 「既に全国で実績がある仕組みを使って、深谷市ならではの新しい農業を作り上げていきます。様々な人を巻き込みながら、大きな渦を起こしたいですね」。代表取締役の長瀬勝義さんは未知なる挑戦への期待を語りました。

深谷市内の遊休地や使用されていない建物、廃校、駐車場、公共施設などを有効活用し、独自の縦型水耕栽培装置『Bi-Grow』で野菜を栽培するプランを提案しました。アグリテック情報発信都市である深谷市のブランドを活かした、ブランド農産物の創出を図ります。 『Bi-Grow』は場所をとらず、土も不要で、年間を通じた栽培が可能。バジルの他、ミント、シソ、チャービル、イタリアンパセリなど、比較的高値で販売される、付加価値の高い産品で栽培実績があります。葉物野菜を中心として、一部の根菜類の栽培にも対応できます。 農場の環境はIoTで制御されています。温度や湿度の急な設定変更に対応できる他、設計次第では管理者が外出先から窓の開閉装置を操作できるなど、現場作業者が収穫作業に集中できるように分業化・省力化を追求したシステムを構築しています。これにより、年齢、性別にこだわらない幅広い人材の雇用や、農業生産法人の誘致が見込まれます。

今後の展望として、『Bi-Grow』から得たビッグデータを解析し、AIによる農場管理や栽培装置の自動制御、解析結果に基づいた栽培指導の実現を目指します。 「『Bi-Grow』を活用した次世代農業と、太陽光発電など再生可能エネルギー事業を組み合わせた理想の地域社会である『アグリトピア』を深谷市で実現したいですね」。遠藤さんの力強い言葉に、深谷農業のイノベーションの予感が高まります。

グリーンラボ 株式会社
【所在地】
福岡本社:福岡県福岡市博多区博多駅前1-4-4JPR博多8階
東京支店:東京都千代田区神田須田町2-9-2 PMO神田岩本町9F
【事業内容】
農業・農作物の販売
施設園芸における建設・サポート・コンサルティング
農産物の6次化サポート

受賞者一覧へ