ファイナリスト紹介 株式会社PROPELa

マイナビ農業TOP > ディープバレーアグリテックアワード > ファイナリスト紹介 株式会社PROPELa

ファイナリスト紹介 株式会社PROPELa

News

お知らせ

「時間デザイン」から創出する持続可能な農業と豊かな地域社会

株式会社PROPELa 代表取締役社長 山中祐一郎(やまなか・ゆういちろう)さん

インタビュー

2019.09.30

株式会社PROPELa 代表取締役社長 山中祐一郎(やまなか・ゆういちろう)さん
応募のきっかけを教えてください。

実家は農家でしたが、父が銀行員、私も建築家となり、結局農業を継ぐことはできませんでした。同じように全国でも後継者問題は深刻です。農業を継がなかった者の責任として、農業全体の課題解決につながる提案をしたいと考えてプロジェクトを起ち上げました。建築家が農業に取り組むのは珍しいかもしれません。しかし、これからの農業はロボットと協働するような世界になります。農場や植物工場の空間設計もガラリと変わっていく必要があります。そうした施設の設計の部分でお手伝いができますし、農業をもっとみんなが親しめるものにするために、深谷市でも取り組んでいるテーマパークのような案件の企画にも関わっています。今回の提案では農家と需要家、新規就農希望者などをつなぐITの仕組みに加えて、得意とする空き家のリフォームや田舎暮らしの空間設計まで、地域の価値作りをトータルで提供できるのが我々の強みだと考えています。

商品・サービスについて教えてください。

中小農家を守り、後継者につなぐための具体策の1つが生産活動のデータ化と最適化です。例えばもっとも価格が高い時期に収穫できるよう生産プロセスを再構築する(CropTIME)。地産地消を促進するために需要家から地理的に近い順に生産者の情報が表示され、商談できる仕組みをつくる(地産FINDER)。農家と需要家と市民の新たなコミュニケーション空間の提供(ジモTALK)等です。これらのサービスの連携によって農家が儲かる仕組みづくりを推進します。生産データは農地の生産能力を評価する仕組みとして整備すれば、新しい挑戦をしようとする農家に銀行の支援を可能にしたり、卒農を決めた農家が引退前に取引を増やして価値を上げ、継承権を有利に譲ることもできるようになるでしょう。同時に、新規就農の参入障壁を下げるため「植物工場と教育施設を兼ねた体験型のラボ」や「農場とキャンプ場をミックスした施設」など、子供や一般の方にも農業に触れるきっかけを作り、農業の周辺人口を増やす提案をしています。

思い描く農業のミライは?

農業の一番の問題は後継者が足りないこと。国策である大規模化、効率化を進める一方で、中小の優良農家を守る仕組みを数年以内に整えないと、日本の農業と食産業の豊かさは失われるでしょう。今こそ農業は素敵だ、地方暮らしは豊かなんだというビジョンをみんなが共有し、実践するための入り口を形にすることが求められています。現実的な担い手となるターゲットとしては40代後半から50代で社会経験や生活能力が備わった人材を想定しています。それであれば資金面やITリテラシーの面でもスムーズに就農が可能だと思いますし、充実した第二の人生が送れるでしょう。もちろん若い世代への不安解消も急務です。農業で収入を上げる仕組みに加えて、空き家バンクなどを活用したシンプルなリフォームなどで都会よりも快適な暮らしが可能だと証明していきます。どの世代にとっても大切なのは「夢を描けること」です。ぜひこの深谷で成功事例をつくり、持続可能な農業モデルを発信していきたいと思います。

株式会社 PROPELa
【所在地】
東京都新宿区新宿5−14−3有恒ビル5F
【主な事業内容】
時空間(位置)情報利用アプリの企画・開発
プロバイダー向け/ビッグデータ取引マーケットサービス

ファイナリスト一覧へ