株式会社日本クラウドキャピタル【DEEP VALLEY Agritech Award2021協賛企業インタビュー】|マイナビ農業
一次産業のための総合求人サイトOPEN マイナビ農林水産ジョブアス 一次産業のための総合求人サイトOPEN マイナビ農林水産ジョブアス 閉じる

マイナビ農業TOP > DEEP VALLEY Agritech Award(ディープバレーアグリテックアワード) > 株式会社日本クラウドキャピタル【DEEP VALLEY Agritech Award2021協賛企業インタビュー】

株式会社日本クラウドキャピタル【DEEP VALLEY Agritech Award2021協賛企業インタビュー】

協賛企業インタビュー
株式会社日本クラウドキャピタル 代表取締役COO 大浦 学様

株式会社日本クラウドキャピタル

事業内容および農業に関連する取り組みをお聞かせください

株式投資型クラウドファンディングのプラットフォームである『FUNDINNO』を運営しています。これは未上場企業がWEBサイト上で未上場会社の株式及び新株予約権の募集を行い、多くの人から少額ずつ資金を集める仕組みです。特徴は資金調達までの時間が短いこと、株主が分散し、経営の独自性が担保されることです。最大の魅力は、「ファン投資家」が得られることです。コアユーザーになり得る強力な応援団です。

農業関係の事例としてはAIやIoTを活用し、家畜の成長に最適な飼料配合の仕組みを開発し、最新のIoT・ICT技術とクラウドソリューションによる栽培管理を組み合わせで僅かな土地で無農薬栽培を可能にしたベンチャー企業のお取り扱いがあります。

アワードへの協賛理由をお聞かせください

解決されていない農業の課題は山積みしておりますが、その解決スピードは他の業界よりも遅く世界のスピードにもついていけていません。それは、過去のしがらみや実証実験が年に1回しかできない事も理由の1つです。また、知名度不足で投資家から資金調達に苦労しているベンチャー企業も多いです。
そういった中、受賞者が深谷市は勿論、全国の農業課題を解決できるよう資金調達やマーケティングの面からお役に立てられるのではないかと思い協賛させていただきました。

ベンチャー企業を応援する御社の展望について

累計成約額は68億円、ユーザー数は7.9万人を超え、新しい社会に必要とされる将来性のあるビジネスを応援できる環境は少しずつ整ってきました。成約プロジェクト数も200件を超えました。今後はビジネスとして社会貢献や社会問題の解決を目的としながら事業活動を進め、収益を得て持続的に課題解決に取り組むソーシャルベンチャーや、人手不足の解消やDX推進が求められている農業分野にも積極的にサポートできたらと思います。

深谷市の農業者、アワード参加者にメッセージをお願いします

このアグリテックアワードから素晴らしいベンチャー企業が巣立っていきました。その結果、全国のアグリテックスタートアップが深谷市に注目しております。
深谷市の未来はとても明るいです。深谷市の農業者とアワード参加者が融合して新しい農業を作り上げてほしいです。

株式会社日本クラウドキャピタル
株式会社日本クラウドキャピタル

【所在地】
〒141-0022 東京都品川区東五反田5丁目25番18号 ENZO五反田8F

【お問い合わせ先】
TEL : 03-6721-6691
MAIL : info@cloud-capital.co.jp