【宮城】就農FEST|2019年8月4日開催
NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 大阪会場 9月19日 9月20日 NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 大阪会場 9月19日 9月20日 閉じる

マイナビ農業TOP > マイナビ就農FEST > 【宮城】就農FEST|2019年8月4日開催

【宮城】就農FEST|2019年8月4日開催

マイナビ就農FEST

宮城

開催時間
2019年8月4日(日)
13:00-17:00(入場受付12:30-16:30)

会場
仙台国際センター

予約する

イベントにはご予約なしでもご参加いただけます。

マイナビ就農FESTとは?


イベントにはご予約なしでもご参加いただけます。

– PICK UP –

注目の出展企業のご紹介


8/4 宮城会場に出展 「宮城県丸森町」

宮城県有数の酪農の町が誇る『放牧育成』がすごい。丸森町が目指す酪農とは

豊かな沖積平野が広がる宮城県。その地形を生かし、米をはじめとしたさまざまな農作物を全国に供給しています。宮城県内有数の酪農の町として知られるのが、丸森町。その背景には、酪農家を支える『丸森町町営放牧場』による放牧育成があります。阿武隈山地の自然に抱かれた町が目指す、これからの酪農とは。放牧場で日々、汗を流すお2人にお話を伺いました。

詳細はこちら



8/4 宮城会場に出展 「福島県浪江町」

震災を乗り越えた先に、広がる可能性。浪江町の若者が描く、挑戦の軌跡

2017年3月に避難指示が一部解除され、新たなスタートを切った浪江町。復興の半ばではあるものの、帰還を果たした町民だけでなく、町外から移り住んだ新たな仲間も加わって、浪江町の農業シーンは盛り上がりを見せています。この町で、ひときわ大きな志を胸に、奮闘する若者を取材し、挑戦の軌跡をたどりました。

詳細はこちら



8/4 宮城会場に出展 「福島県伊達市」

独自の支援制度で就農をサポート! 移住も歓迎♪ 就農するなら福島県伊達市へ

夏秋キュウリの出荷量全国1位を誇る福島県伊達市(2017年作物統計調査/農水省)。桃やあんぽ柿などの出荷量も多く、農業が盛んです。2019年度から、新規就農者支援制度を一新。これまで以上に、新たに農業を始める方への支援制度を整え、移住者向けや定年退職者でも活用できる支援を新設しました。「初期費用がかかる」「興味はあるけれど、都会から移住して、農業を始める勇気が出ない」と不安を持つ方々をサポートします。このほど就農を果たした2人の生産者、市役所の担当者に話を伺い、伊達市で農業を営む魅力を探りました。

詳細はこちら



8/4 宮城会場に出展 「岩手県一戸町・一戸夢ファーム」

新規就農検討者必見! 全国有数の研修施設で、農業のプロフェッショナルを目指しませんか

北上山地と奥羽山脈に囲まれた高原地帯に位置する岩手県一戸町。冷涼な気候と地理的特性を生かした多様な農業が展開されるこの町では、次世代の農業者を育成するさまざまな環境が構築されています。象徴的なのが、全国有数の農業研修施設『(株)一戸夢ファーム』。2年間、作物の特徴や土づくりの基礎はもちろん、農業経営の方法論や先進技術、最近の農業トレンドまで幅広く学ぶことができます。料金は無料。また、一定の条件を満たすことで、県や町の支援を受けながら、農業のノウハウを身に着けることができます。自然豊かなこの場所で、“農業1年生”をはじめてみませんか?

詳細はこちら



8/4 宮城会場に出展「岩手県農業公社」

非農家から営農家へ-。岩手の自然と共に生きる挑戦者たちの軌跡

「農業で食べていけるのか…」、「何から手をつければいいのか」。非農家出身で農業を始めようとする人の多くは自らの意思で就農という道を選んでいますが、いざ始めるとなると、こうした不安も頭をよぎることでしょう。そんな新規就農検討者の強い味方が岩手県農業公社。農業大国・岩手県で農業を始めたい方、就農相談や技術研修などについて、直接話を聞いてみてはいかがでしょうか?

詳細はこちら



8/4 宮城会場に出展 「福島県須賀川市」

きゅうりの名産地・福島県須賀川市。きゅうり農家への就農支援を積極的に推進中!

かつて奥州街道屈指の宿場町として発展し、独自の町人文化を築いてきた福島県須賀川市。歴史と伝統に彩られた同市は夏秋きゅうりの一大産地でもあり、全国トップクラスの生産量を誇っています。ブランド野菜として名を馳せる『岩瀬きゅうり』は全国的に有名。担い手不足が叫ばれる昨今、行政もきゅうり農家を絶やすまいと、万全のサポート体制で新規きゅうり生産者を支援しています。

詳細はこちら



8/4 宮城会場に出展 「山形県長井市」

可能性を秘めた大地で育む心豊かな暮らし。私たちが長井を選んだ理由

高速道路はない、空港もない、新幹線も走っていない。山形県南の置賜(おきたま)エリアに位置する、長井市を訪れるには少しハードルが高いかもしれません。しかし、そこには日々を穏やかに過ごす幸せが存在しています。かつて舟運が主流だったころ、最上川舟運を通じて日本各地の文化や経済がこの町に集まり、そこから長井らしい特有の文化が栄えました。今でも、町を歩くとどこからともなく水の音を感じます。長井市に魅せられ、移住を決意した3人に「ココで暮らす理由」をお聞きしました。

詳細はこちら


出展企業一覧

【新規就農支援】
岩手県一戸町・一戸夢ファーム宮城県丸森町地域おこし協力隊(公社)岩手県農業公社山形県高畠町農業研修生受入協議会秋田県 横手市秋田県 由利本荘市長井市農業研修生等受入協議会田村地域就農支援プロジェクト (株)アグリサポートたむら福島県須賀川市役所福島県伊達市山形県農林水産部6次産業推進課JA福島さくらふたば地区本部ふくしまの次代を担う多様な担い手確保支援事業山形県村山市宮城県 登米市福島県北・そうま地区新規就農支援連絡会福島県浪江町役場
【雇用就農】
農事組合法人 井土生産組合

新規就農支援

岩手県一戸町・一戸夢ファーム

岩手県北部に位置する一戸町は、冷涼な気候を利用した野菜栽培が盛んな地域です。
自然豊かな地で農業を始めたい!…でも経験も農地もツテもない。
そんな方でも2年間の研修期間で就農できるよう町を挙げてバックアップします。

宮城県丸森町地域おこし協力隊

丸森町は宮城県最南端に位置し、自然豊かな里山で季節を肌で感じられる環境です。
「元気で!明るく!」農業・農村を活性化させる人材を2名を募集します。
1.農産物直売所直売所1名
2.酪農振興組合1名
※既に19名の地域おこし協力隊が活動しています。地域や行政のサポートのほか、協力隊同士の情報交換も図られており、打ち解けやすい環境です。

(公社)岩手県農業公社

就農するなら「理想郷いわて」
岩手県は、冬期温暖な気象の沿岸部から、夏季冷涼な高標高地まで広く豊かな自然環境に恵まれており、このような多彩な条件を活かして野菜、果樹、花き、水稲、畑作、畜産の多岐にわたって農業生産が盛んに行われています。
岩手の大地で農業に取り組んでみませんか。

山形県高畠町農業研修生受入協議会

若手農業者間のネットワークづくりや研修指導に、当事者が中心となって活発に取り組み、地区や生産作目の枠を越えた気軽に相談し合える仲間づくりを目指しています。
外から来た人を受け入れる風土も魅力です。
ぜひ一度、高畠町の農業を体験してみてください!

秋田県 横手市

秋田県横手市では、次世代を担う農業者を育成・支援します。
将来、独立して農家を経営するための必要な資質を習得し、作物の栽培技術・知識を実践的に学ぶことができる研修制度のほか、地域の中核的な担い手になっていただくための各種支援体制が充実しています。

秋田県 由利本荘市

由利本荘市は、西に日本海、南に鳥海山、中央に1級河川子吉川が貫流する海、山、川の美しい自然に囲まれた、自然、子育て環境ともに充実した街です。
経験豊かな専門スタッフ、先輩移住者等が移住後、就農後もきめ細かなサポート体制を構築しております。

長井市農業研修生等受入協議会

山形県の南部に位置する「水と緑と花のまち」長井市。
移住支援を始め、生活支援、事業支援を充実するとともに、稲作、野菜、花卉、果樹、畜産の専門家があなたの希望する農業体験、農業研修、就農までを丁寧にサポートします。
農家の経営面積を引き継ぐことも可能な場合有り。

田村地域就農支援プロジェクト (株)アグリサポートたむら

田村地域は、福島県中通り中東部の阿武隈山地に位置しており、田村市・三春町・小野町から構成されています。
当地域は中山間地域の特性を生かして、夏秋野菜の優れた産地として進展しています。
新しく農業を始めたい方が、安定した農業経営を行うことができるよう支援して参りますので、興味のある方はご相談ください。
お待ちしております。

福島県須賀川市役所

福島県須賀川市では、本年度より「岩瀬キュウリ担い手育成事業」を開始しました。
市農業公社で働きながら(定植、肥培管理、収穫、調整作業等の農作業に従事)農業の知識や技術を学び、キュウリ栽培の実施研修(栽培する認定農業者のもとで、定植から出荷までの一定期間、キュウリ栽培に従事)することで、ノウハウを習得し独立就農者を目指します。

福島県伊達市

福島県伊達市では、新たに農業経営に意欲を持って取り組む皆さんを応援します。
農業後継者を含む新規就農者や移住就農者の方が農業を始める際の初期費用の一部を支援します。

山形県農林水産部6次産業推進課

農山漁村の豊かな自然や食文化等の地域資源を活用し、農林漁家民宿やレストラン等を拠点に交流活動に取り組んでみませんか?
山形県では、6次産業化の一環で、民宿やレストラン等の開業や運営に従事する人材育成を進めています。
実務体験研修や実践者訪問研修等を通して、開業のためのノウハウや経営の実際を学ぶことができます。

JA福島さくらふたば地区本部

ふたば地区は、福島県浜通りの中心に位置し、温暖で降雪が少ない気候であり、多彩な品目の栽培が可能です。
避難指示が解除された町村では営農再開に向けた活動が進んでいます。
「ここで農業をやってみたい」と意欲のある就農希望者の受け入れを積極的に行っており、関係機関との連携でバックアップ体制は万全です。
一緒にやりがいのある農業を作り上げましょう

ふくしまの次代を担う多様な担い手確保支援事業

福島県では県内で新規就農をお考えの皆さんを支援しています。
本事業は受託企業の社員として、令和2年3月31日までの間で4ヵ月の間、県内の農業法人や認定農家さんの元で農作業に従事しながら農業に関する知識や技術を習得して頂くものです。
研修終了後は実習先(就業先)との合意の元、実習終了後は実習先での期間の定めの無い雇用へ移行となります。

山形県村山市

山形県村山市では、農業で自立を目指し農家が丹精込めて育てた農地や園地を承継してくださる方を育成します。
村山市の農産物は、果樹、稲作、すいか、野菜の栽培が盛んで品質が高く市場で高い評価を受けています。
市とJAみちのく村山が全面的にバックアップしますので未経験者でも安心して就農できます。
受け入れ農家及びJAが連携し円滑な研修を実施します。

宮城県 登米市

宮城県登米市では、次世代を担う農業者を育成します。
将来、独立して農家を経営するための必要な技術を習得し、作物の栽培技術・知識を実践的に学ぶことができます。

福島県北・そうま地区新規就農支援連絡会

福島県北・そうま地区で農業をはじめませんか!
県・市町村・JAが連携しあなたの夢をサポートします!
協議会を代表し構成組織である福島市と国見町、JAふくしま未来が参加しています。
農業体験をはじめ、栽培知識、技術の習得ができる農業研修施設など就農しやすい環境が整っています。。

福島県浪江町役場

浪江町は大震災からの復旧・復興中です。
全町避難となり、農地も甚大な被害を受けましたが、故郷を大切に想う人たちにより水稲の作付が一部再開、また、新たな取り組みとして花きやエゴマの栽培が行われています。
特に花きは、市場で高い評価を受けるまでに成長しています。
便利な地域ではありませんが、町の未来を担う農業者を募集します。

雇用就農

農事組合法人 井土生産組合

(農)井土生産組合は、仙台市中心部から南東部の若林区井土地区にあり、東日本大震災の被災を受けましたが、地区の農地を守っていこうと平成24年12月に立ち上がった法人です。
規模は約100haで、水稲・大豆・ねぎ・玉ねぎの栽培や、ハウスではミニトマト等の栽培を行っています。
若い方々が誇りを持って働けるような経営体を作ることを目標にしていますので、興味のある方は是非ブースまでお越しください。

会場

住所

宮城県仙台市青葉区青葉山

アクセス

仙台市営地下鉄 国際センター駅

予約する

イベントにはご予約なしでもご参加いただけます。

就農フェスト 他日程一覧

北海道

2019年9月28日(土)13時~17時  札幌フコク生命越山ビル

2019年11月16日(土)13時~17時  札幌フコク生命越山ビル

宮城

2019年12月7日(土)13時~17時  エル・パーク仙台 ギャラリーホール

東京

2019年10月5日(土)13時〜17時  ミライナタワー12F マイナビルーム

2019年11月10日(日)13時〜17時  ミライナタワー12F マイナビルーム

2019年12月21日(土)13時〜17時  ミライナタワー12F マイナビルーム

大阪

2019年11月2日(土)13時〜17時  グランフロント南館(タワーA)31階

2019年12月7日(土)13時〜17時  グランフロント南館(タワーA)31階