農業労働力確保緊急支援事業情報

マイナビ農業TOP > 農業労働力確保緊急支援事業情報

農業労働力確保緊急支援事業情報

令和2年度補正予算農業労働力確保
緊急支援事業情報

事業主支援事業

地域農業を守る

おもな趣旨

新型コロナウイルス感染症拡大の影響による
人手不足の解消と農業生産の維持のために
生産者等を支援することを目的とした事業です。
代替人材の確保に必要な経費や
代替人材育成のために行う研修などに係る費用の
助成を行い
将来の農業生産を支える
人材の育成にもつなげます。

3つの支援事業

この助成金は、3つの支援事業が
設けられています。
助成額や申請条件など、
詳しくは以下のリンクよりご確認ください。

  • 01

    援農者緊急確保
    支援事業

    新型コロナウイルス感染症 拡大の影響により、来日が見通せない外国人技能実習生や働けなくなった従業員 などに代わる人材を雇用した場合、交通費・宿泊費・保険料・労賃等の掛かり増し分を補助します。

    詳細はこちら
  • 02

    研修等支援事業

    新型コロナウイルス感染症拡大による農業生産の人手不足の解消のため、農業に関する研修等を行っている農業大学校や民間の農業研修機関を対象に、代替人材に対して行う援農に必要な知識・技術習得のための研修の際に発生する経費等について助成します。

    詳細はこちら
  • 03

    人材呼び込み
    支援事業

    新型コロナウイルス感染症拡大の影響による農業生産の人手不足の解決のため、代替人材等の確保に必要な求人媒体への掲載費、マッチング費用、求人チラシの作成費、信用調査費等の経費に対し支援を行います。

    詳細はこちら
申請対象期間
2020/04/01〜2020/12/31

※新型コロナウイルス感染症の影響が解消された場合は12月末日よりも早く終了となる可能性がございます。
※最新の情報は、「農林水産省ホームページ」をご確認ください。

援農希望者の方へ

始めよう、農業ー 農業で生きていくー始めよう、農業ー 農業で生きていくー

マイナビ農業からのメッセージ

今回の新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛のため、自ら野菜を育て始める人も増えたといいます。
社会情勢の変化の中、「最後に頼りになるのは食べ物を作る産業である農業だ」と、
農業の大切さと発展の可能性に気づき、興味を持った人も多いことでしょう。
今、農業の現場は、新型コロナウイルスの影響で人手不足が深刻化し、人材を求めています。
多様な働き方が可能な農業分野は、あなたが次に活躍できる舞台かもしれません。
まずは「援農」で、農家の皆さんと一緒に「日本の食」を支える仕事をしてみませんか。

求人情報
「これから農業で働いてみたい」というあなたと、「ぜひ一緒に働いてほしい」という農家をマッチングする就農求人情報一覧です。あなたの”農活”を全力でサポートいたします。
求人情報一覧を見る

よくあるご質問

新型コロナウイルス感染症の影響により 農業において予定していた人材が来られず、人手不足となった経営体が、代わりの人材を雇用したり、人材派遣会社からの派遣を利用したり、農作業を委託会社に委託した場合支援します。

具体的には下記ア~サのような状況を指します。

  • ア.入国制限等により、来日予定だった技能実習生が来られなくなった
  • イ.入国制限等により、来日予定だった特定技能外国人が来られなくなった
  • ウ.小学校等の休校の影響で、子の保護者である従業員が出勤できなくなった
  • エ.従業員もしくは働く予定だった人が新型コロナウイルスに罹患し、出勤できなくなった
  • オ.従業員もしくは働く予定だった人が新型コロナウイルスの濃厚接触者となり、隔離が必要のため出勤できなくなった
  • カ.従業員もしくは働く予定だった人が「重症化するリスクのある者」で出勤できなくなった
    ※重症化するリスクとは
    ・高齢者(65歳以上)
    ・基礎疾患のある者
    ・妊婦
  • キ.従業員もしくは働く予定だった人が「重症化するリスクのある者」の介護、看護のため出勤できなくなった
  • ク.他県から手伝いにくる予定だった家族が、外出自粛のため来られなくなった
  • ケ.他県からボランティアで来る予定だった人が、外出自粛のため来られなくなった
  • コ.観光農園で、例年収穫をしていた観光客等が 外出自粛等により来られなくなった
  • サ.休校の影響で学校の夏休みがなくなり、援農を予定していた学生が来られなくなった

一方で、 新型コロナウイルス感染症の影響と言えない場合や、掛かり増し費用が発生しない場合 は、対象になりません。

全国農業会議所のホームページに必要書類の一覧がありますので、ご確認ください。

人手不足・代替人材活用となった事由ごとの必要書類(5月29日時点)
https://www.nca.or.jp/upload/c601a998dfbe0606e96b15bd4872d8bb45325e42.pdf

事業パートナー登録時に必要となる書類
https://for-farmer.jp/partner/form_input/needed_documents

援農者緊急確保事業の交付申請時に必要な書類(助成条件も記載)
https://for-farmer.jp/document/01/taishoukeihi_1.pdf

研修等支援事業の交付申請時に必要な書類(助成条件も記載)
https://for-farmer.jp/document/02/taishoukeihi_2.pdf

人材呼び込み支援事業の交付申請時に必要な書類(助成条件も記載)
https://for-farmer.jp/document/03/taishoukeihi_3.pdf

新型コロナウイルス感染症の影響で技能実習生等を受け入れることができずに人材不足になった農業経営体と雇用契約を締結し、原則として7日間以上農作業に従事してもらうことが基本的な要件となります。
代替人材の国籍は関係ありません。外国の方でも日本の方でも対象となります。

事前に農業会議所の承認を受けた人材派遣会社等のみが対象となります。
承認済み事業者一覧はこちらからご確認ください。
https://for-farmer.jp/partner_list/

令和2年4月1日時点に行われていた取組まで遡って、4月1日以降の分を対象とします。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

受付時間
・6/1(月)〜8/31(月) 9時〜17時
(土日祝を含む毎日)
・9/1(火)〜12/31(木) 9時〜17時(平日及び祝日)

事業内容及びシステム操作に関するお問い合わせのみ承っております。
※個別の助成金額などについては、お応えできませんのでご了承ください。

お問い合わせフォーム

メールは、24時間ご質問を受け付けております。

※問い合わせが集中しますと、返信対応に遅れが生じる可能性がございます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
※メールが起動しない場合はinfo@for-farmer.jp宛にメールを送信お願いします。(ドメイン指定受信で「for-farmer.jp」を許可するように設定してください。)