援農者緊急確保支援事業について

マイナビ農業TOP > 農業労働力確保緊急支援事業情報 > 援農者緊急確保支援事業について

援農者緊急確保支援事業について

01

[令和2年度補正予算] 農業労働力確保緊急支援事業情報

援農者緊急確保
支援事業について

申請対象期間2020/04/01〜2020/12/31

新型コロナウイルス感染症 拡大の影響により、
来日が見通せない外国人技能実習生や
働けなくなった従業員 などに代わる人材を
雇用した場合、
交通費・宿泊費・保険料・労賃等
の掛かり増し分(※)を補助します。

※ここでいう掛かり増し分とは、掛かる予定だった経費とそれ以上に増えた経費の差額のことを指します。

対象となる経営体・
農作業請負業者等

農業経営体とは

要件項目

すべての要件を満たす人手不足経営体が対象となります。

※このほか、今後の事業進捗において変更される可能性がございます。

  • 新型コロナウイルスによる入国制限等により、予定していた外国人技能実習生を受け入れられず人手不足になっている。
  • 「新型コロナウイルス感染者が発生した時の対応及び事業継続に関する基本的なガイドライン」に準拠した対策を実施している。
  • 当該代替人材(新しく雇用することになった方)が本事業と重複する、国による助成を受けていない。
  • 労働関係法規を遵守している。
  • このほか、事業実施主体が別に定める要件を満たすこと。

対象となる代替人材

すべての要件を満たす
代替人材が対象となります。

※このほか、今後の事業進捗において変更される可能性がございます。

  • 人手不足経営体と契約に基づき援農すること。
  • 人手不足経営体と原則7日間以上の契約を締結していること。

助成対象となる経費

  • 代替人材が援農するために、集合場所等に移動する際の交通費の掛かり増し分
  • 援農する代替人材のために、新たに手配した宿泊施設や住居に係る宿泊費・居住費の掛かり増し分
  • 労働保険料のうち労災保険料または傷害保険料および雇用保険料の雇用主負担分の実費
  • 代替人材に支払う賃金の掛かり増し分(研修期間は除く)
  • 農業サービス事業体に支払う農作業委託料または人材派遣会社に支払う派遣料の掛かり増し分
  • 農業経験のない代替人材に対し研修を実施する場合の経費の掛かり増し分

対象となるのは、不足人員に係る経費として予め見込んでいたものを差し引いた
経費等(掛かり増し経費等)となります。掛かり増し経費の対象人数は、
受け入れる予定だったが受け入れられなかった人数
(1人の予定者の労働期間を数人で分担する場合は、その人数)を上限とする。

掛かり増し経費とは

【注意点】
経営体主体が行う研修中の賃金は、
助成対象外となります。
(研修費のみが対象)

助成対象経費

  • 交通費
  • 宿泊費
    (居住費)
  • 保険料
  • 賃金
  • 農作業委託料
    人材派遣等
  • 研修費

援農者緊急確保支援事業に関する

よくあるご質問

交付申請時に必要な書類(助成条件も記載)はこちらです。
https://for-farmer.jp/document/01/taishoukeihi_1.pdf

事前に農業会議所の承認を受けた人材派遣会社等のみが対象となります。
承認済み事業者一覧はこちらからご確認ください。
https://for-farmer.jp/partner_list/

申請対象期間・
申請方法

申請対象期間:2020/04/01〜2020/12/31

【申請対象期間】
2020/04/01〜2020/12/31

WEBシステムからの申請

農業労働力確保緊急支援事業について、こちらのシステムから初回登録が可能です。
助成金の交付申請は6月29日より開始となります。
※ご登録いただいたメールアドレスに、本会からID発行等の重要なご案内を送信するため、 予めドメイン指定解除等を行い、info@for-farmer.jpからのメールを受信できるようにご準備願います。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

受付時間
9/1(火)〜12/31(木) 9時〜17時(平日及び祝日)

事業内容及びシステム操作に関するお問い合わせのみ承っております。
※個別の助成金額などについては、お応えできませんのでご了承ください。

お問い合わせフォーム

メールは、24時間ご質問を受け付けております。

※問い合わせが集中しますと、返信対応に遅れが生じる可能性がございます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
※メールが起動しない場合はinfo@for-farmer.jp宛にメールを送信お願いします。(ドメイン指定受信で「for-farmer.jp」を許可するように設定してください。)