はじめよう!農業 北海道

マイナビ農業TOP > はじめよう!農業 北海道

はじめよう!農業 北海道

はじめよう!農業 北海道 これから始めたい人& 仲間を見つけたい農業法人を応援! 主催:北海道/協力:マイナビ

はじめよう!農業 北海道って?

北海道の農業を応援するために、農業に興味がある方を対象に、
プロ講師による農業スクール、就農相談会、農業体験をご用意しました。
全て無料で参加することができます。

また、一緒に働く仲間を募集をされている農業経営者の皆さまを対象に、
募集・人材育成・定着に関する無料セミナーを開催します。

こんな人におススメ!

  • 農業に興味があるけどよくわからない!
  • 自分にもできるか確かめたい!
  • 北海道の優良生産法人と出会いたい!
新しく農業を始めたい方はこちら

こんな悩みをお持ちの生産法人におススメ!

  • “人材を募集したい”けどどうすればいいの?
  • 社員の定着をもっとよくしたい!
  • 他社の成功事例を知りたい!
農業経営者はこちら

新しく農業を始めたい方へ


まなぼう!農業 北海道

2020年10月10日(土)13:00~17:00

農業と一般企業の働き方の違い

お休みや給料の実情は?
動物の世話や、天候に左右される農作業での気になるお休みなど、生活サイクルを知ろう!
講師
農事組合法人Jリード 代表 井下英透/
有限会社ファームトピア 代表 走出邦章
会場
マイナビ北海道支社札幌市中央区北2条西3丁目1-20札幌フコク生命越山ビル10F

【農事組合法人Jリード】日本の酪農界をリードする牧場を作りたいと、平成17年に誕生。高能力牛を育成するなど“牛づくりの鉄人”として地域の酪農を守ってきました。仕事の生産性向上・効率化を図り、売上は年商10億円(平成29年度)北海道でも有数のメガファームへ成長しています。

【有限会社ファームトピア】平成8年に設立。経営総面積が約500haと北海道でも有数の大規模農場へ。畑作に特化するだけでなく、製粉などの6次産業を展開。またドローン・圃場管理ソフトなど最新のテクノロジーを積極的に取り入れ、経営の安定化と将来への可能性を追求しています。

2020年10月24日(土)13:00~17:00

地域に根差し、特産品を支える仕事【ワイン編】

2020年9月22日、イギリスのワイン雑誌「デキャンター」主催の世界最大の国際ワインコンテスト「Decauter World Wine Awards 2020」において、日本の赤ワインで史上初めての金賞を受賞(95点の高得点)した赤ワイン「YUHZOME2018」をはじめ、3種類のワインの試飲をしながら、ワイン完成までの道のりを詳しく学ぶことが出来ます。バックグランドを知ってから飲むワインはひと味違います。
<北海道のフルーツ王国>仁木町で、こだわりの「日本ワイン」を生産しているワイナリー。ワイナリーではどんな働き方があるのか?また、こだわりのワインを製造するためにどのような工夫をしているのか?企業のトップが詳しく説明いたします。
講師
Niki Hills 代表 石川和則
会場
TKPガーデンシティ札幌駅前札幌市中央区北2条西2丁目19−番

フルーツ王国・仁木町で、広告会社DACグループ(石川和則代表取締役社長)が立ち上げた『株式会社NIKI Hills(ニキヒルズ)』。ワイナリーで仁木町の地方創生を後押しすべく、農地所有適格法人を立ち上げました。初醸造白ワイン「HATSUYUKI 2015」がJapan Wine Competition 2017で銀賞を受賞するなど、これまでリリースしたワインは、多くの一流レストランやワイン愛好家から高い評価を得ています。2019年にはブドウ畑や醸造所、レストランや宿泊施設を完備した壮大な複合型ワイナリー『NIKI Hillsワイナリー』が誕生しました。地域とともに、世界へとワインの魅力を発信し続けています。

2020年11月14日(土)13:00~17:00

地域に根差し、特産品を支える仕事【牛肉編】

ブランド牛を育てる取り組みを知る!
おいしいお肉を育てるには、健康な牛を育てることが第一。アニマルウエルフェアにこだわった取組をお伝えします。
講師
トップファームグループ 取締役企画部長 井上和明
会場
マイナビ北海道支社札幌市中央区北2条西3丁目1-20札幌フコク生命越山ビル10F

佐呂間町(北海道オホーツク総合振興局管内の常呂郡にある町)で子牛から成牛まで、肉用牛と乳牛を約1万3000頭飼育し、健康な牛を出荷するよう日々、飼育管理しています。すべての牛を北海道産にこだわり、早い段階から 一つの 生産者で管理して いること」が特徴的です。この統制された生産取り組みが同社で育った和牛は「最高級和牛」サロマ黒牛、サロマ和牛として全国的なブランドへと成長しました。食の安全と動物福祉を牧場経営の一番大切な事と考え、農場HACCPの取得に取り組み、日本第一号の認証を受けるなど先進的な取り組みを行っています。

2020年11月21日(土)13:00~17:00

地域に根差し、特産品を支える仕事【アスパラ編】

化学肥料・農薬を全く使わない農法で作られるアスパラは数多くのレストランから指名を受けています。おいしさに対する徹底したこだわりを知ろう!
講師
アスパラ専門農家 ジェットファーム 代表 長谷川博紀
会場
マイナビ北海道支社札幌市中央区北2条西3丁目1-20札幌フコク生命越山ビル10F

厚沢部町で、新規就農10年になるアスパラ農家です。26歳で脱サラして農業研修で1年間学び、その後アスパラ農家に勤め、居抜で農地とアスパラハウス・農機具と倉庫を買い取り新規就農を始めました。アスパラの育成方法にもこだわりを持ち、化学肥料は使用しない、石灰にもこだわりホタテ貝の貝殻で作る石灰を使用するなど、アスパラ本来の味を追求して作っています。

2020年12月05日(土)13:00~17:00

従業員ホンネ座談会【畑作編】

一足早く農業従業員として働いている先輩社員に直接質問ができる場です!実際の就職活動や就業前後のギャップなど、どんどん質問して不安を払拭しましょう!
講師
有限会社ファームトピア・輝楽里 若手スタッフ
会場
マイナビ北海道支社札幌市中央区北2条西3丁目1-20札幌フコク生命越山ビル10F

未経験からスタートしたスタッフが多い両社。ともに20~30代の仲間が多い職場です。各作物を担当する先輩のもとでどのような手伝いをして業務を習得してきたのか?など実体験をもとに語っていただきます。

2020年12月12日(土)13:00~17:00

酪農ってどんな仕事?

既にロボットやAIが活躍しているってホント?酪農ヘルパーってどんな仕事?
スマート酪農の現状と未来を語ります。
講師
株式会社FReeee 代表 岡田祐一
会場
マイナビ北海道支社札幌市中央区北2条西3丁目1-20札幌フコク生命越山ビル10F

北見市の留辺蘂(るべしべ)にあり、牛の世話で休みの取れない酪農家に代わり、搾乳や牛舎の掃除などをサポートする酪農ヘルパー派遣業務を行っています。こうした組織は、農協などの組合が主体となって運営することが多い中、完全に民間経営。20名程の正社員が、民間企業ならではの柔軟さ、フットワークの軽さで、労働時間が長くなりがちな酪農業界に“働き方改革”を提案しています。

2021年01月16日(土)13:00~17:00

従業員ホンネ座談会【酪農・畜産編】

一足早く農業従業員として働いている先輩社員に直接質問ができる場です!実際の就職活動や就業前後のギャップなど、どんどん質問して不安を払拭しましょう!
講師
トップファームグループ/藤井牧場 若手スタッフ
会場
マイナビ北海道支社札幌市中央区北2条西3丁目1-20札幌フコク生命越山ビル10F

【トップファームグループ】肉牛生産と酪農の両方を手掛ける同社。最新のICTを導入し効率化を進めています。哺育から出荷まで健康な牛づくりのための日々の取り組みなどをご紹介します。

【藤井牧場】酪農が盛んな別海町で、約120頭の乳牛を管理。搾乳ロボットを導入し、効率的な環境で働けるようさまざまの工夫をしています。つなぎ牛舎と放牧を兼用し、質の良い環境を維持しています。

【開催済】2020年8月30日(日)13:00~17:00

北海道農業のいま

農業経営者が本音で語る! 農業って儲かるの?
最新の栽培方法で育てられるミニトマトの高付加価値販売の秘密に迫ります!
講師
北海道庁農政部職員、 風のがっこう 代表 平賀農
会場
マイナビ北海道支社札幌市中央区北2条西3丁目1-20札幌フコク生命越山ビル10F

【高品質で、首都圏などでも人気のミニトマトを主軸に生産】北海道札幌南区と伊達市で、高品質にこだわったミニトマトを軸に生産。ラグビーボールのようなかわいらしい形が見た目の特徴の『アイコトマト』やトマト本来の味を楽しむことができるミニトマト『ラブリーさくら』などのミニトマトを中心に、カボチャや米を生産しています。直接契約販売により高い売上単価を追求し続ける農業を学びませんか?

【開催済】2020年9月5日(土)13:00~17:00

畑作の1年のスケジュールを学ぶ

実際どんな仕事をしているの?
1日のスケジュールや雪が積もる冬の期間の仕事の内容って何をしているのか。実際の働き方をお伝えします!
講師
農業法人 輝楽里 常務取締役 藤城正興
会場
マイナビ北海道支社札幌市中央区北2条西3丁目1-20札幌フコク生命越山ビル10F

江別市内に2006年、7軒の農家が集合し創立。外国人技能実習生や海外の大学生のインターンシップも受け入れるなど国際的な会社です。身近な生活者へ新鮮な野菜を届けたいという「地産地消」の精神で経営。野菜の栽培のほか6次産業化にも積極的に取り組んでいます。(生産物は大豆、小豆、トウモロコシ、アスパラ、ブロッコリー、玉ねぎ、キャベツ、トマト、オクラ、ピーマンなどです)

やってみよう!農業 北海道

2020年10月3日(土)
13:00~17:00(集合時間 12:50 農場入口付近)

【参加費無料】とまとの栽培、収穫

高品質で、首都圏などでも人気のミニトマトを主軸に生産北海道札幌南区と伊達市で、高品質にこだわったミニトマトを軸に生産。ラグビーボールのようなかわいらしい形が見た目の特徴の『アイコトマト』やトマト本来の味を楽しむことができるミニトマト『ラブリーさくら』などのミニトマトを中心に、カボチャや米を生産しています。直接契約販売により高い売上単価を追求し続ける農業を学びませんか?

体験先
風のがっこう 札幌農場北海道札幌市南区小金湯580番地
アクセス
じょうてつバス 八剣山登山口停から徒歩3分

お持ち物:筆記用具、小さなレジ袋など(農家さまの御好意でトマトをいただける可能性がございます)
服装:スニーカーとジーンズ・ポロシャツ等で来てください。ほか、軍手など手が汚れないようにご準備ください。雨天の場合は雨具の用意をしてください。

【開催済】2020年9月19日(土)13:00~17:00

酪農の基本と6次産業化について学びます

●仔牛の哺乳
●搾乳作業の見学とレクチャー(ロータリーパーラー)
●6次産業化とは? 実際の事例をもとに学びます。
健康な土・草・牛、および都市に隣接した最新設備。酪農の基本に忠実に生産した牛乳で製造した、「チーズ」「ヨーグルト」などを全国展開しています。「小林牧場物語」シリーズは、小林牧場産の生乳を100%使用しています。酪農の基本から始まり、6次化に至る成功までの苦労や秘訣を学びましょう。

体験先
小林牧場北海道江別市西野幌668
アクセス
北海道中央バス もみじ台南7丁目停から徒歩11分

人材募集・人材育成を検討中の農業経営者の方へ

農業分野で人材募集中の事業主と
農業分野に興味のある方との出会いの場となる就職フェアを開催します。
併せて人事採用担当者様向けに「採用」「定着・育成」をテーマに
人材確保や人材育成について解説する「雇用者セミナー」を道内3か所で開催いたします。