ジョブアス研修特集

マイナビ 農林水産ジョブアス

京都府漁業者育成校 海の民学舎
京都府漁業者育成校 海の民学舎 京都府漁業者育成校 海の民学舎

京都府漁業者育成校 海の民学舎

京都の海で漁師になる 令和4年度 第8期生 漁業研修生募集

漁協などの漁業団体はもちろん、京都府と地元市町が、研修から就業、定住までを強力にバックアップします。

<1>充実の研修内容
・漁業就業に必要な知識と技術を基礎から応用まで各分野のエキスパートが分かりやすく丁寧に指導します
・水産物の加工や流通販売などの6次産業化を視野に入れた研修プログラムも用意しています
・就業時の漁村への移住、定住を見据えた研修を行います

<2>研修及び生活面の支援
・研修期間中の住居として、専用宿舎や近隣の住居を紹介します
・慣れない土地での生活不安をサポートします

<3>研修後のフォロー
・研修後も学舎修了生として、漁業技術から経営まで幅広くサポートします
・就業、住居の確保、組合員資格や漁船・漁具の取得を強力に支援します

内容

1年目は、漁業や水産研究のエキスパートによる講義、実習により漁業の基礎的な知識と技術を習得します。
講義:府漁業の特徴、漁協制度、資源管理型漁業、栽培漁業、水産生物、海洋環境、漁業ICT技術などの研修
実習:定置網、底びき網、トリガイ・イワガキ養殖等、府内の漁業現場でプロフェッショナルの直接指導による体験研修

2年目は、漁村に定住しながら、現地研修先で漁業の実地研修を継続し、漁業技術の向上に努めます。また、集合研修等に参加し、漁業者になるための更なる知識や漁業技術などを学習します。研修先の漁業経営体から給与が支払われます。

研修にかかる自己費用

・年間授業料:118,800円(研修修了後、府内漁業に5年間従事すれば返還)
・研修生宿舎:月額6,700円
・その他生活費(食費、水光熱費等)
・漁業に必要な資格(小型船舶免許、海上特殊無線免許、フォークリフト免許)の取得費用

期間中のサポート

・出願料は無料
・年間授業料:118,800円(研修修了後、府内漁業に5年間従事すれば返還)
・研修1年目:要件を満たす方は、次世代人材投資(準備型)事業により最大1年間、月額12.5万円の支援が受けられます
・研修2年目:経営体から給与が支払われます

期間終了後(就業時)のサポート

・研修後も学舎修了生として、漁業技術から経営まで幅広くサポートします
・就業、住居の確保、組合員資格や漁船・漁具の取得を強力に支援します

修了/卒業生の進路
大型定置網漁業(雇用型):舞鶴市、宮津市、伊根町、京丹後市の漁業会社、漁業生産組合
底びき網漁業 (雇用型):舞鶴市及び京丹後市の底びき網漁船
独立型漁業(※)    :舞鶴市、宮津市、伊根町、京丹後市の個人漁業者、漁業グループ

(※)漁業種類:延縄、小型定置網、魚類養殖、二枚貝養殖、採介藻など

研修生が理想の就業先を見つけやすい

1年目の研修では、京都府内の各漁村を訪れ、さまざまな漁業について時間をかけて学ぶことができます。
そのため、直接、漁業就業するよりも「研修生が理想の研修先を時間をかけて選ぶことができる」点が、海の民学舎の研修制度の強みの一つです。

トップに
戻る