農林水産省 スマート農業実証プロジェクト

マイナビ農業TOP > 農林水産省 スマート農業実証プロジェクト

農林水産省 スマート農業実証プロジェクト

農林水産省 令和元年度スマート農業実証プロジェクト

農業技術×先端技術=スマート農業 日本全国69地区で実証中! スマート農業最前線

プロジェクトの概要

ABOUT

農林水産省による
スマート農業
実証プロジェクト   

2019年度から農林水産省が開始した「スマート農業実証プロジェクト」は、我が国の農業が抱える高齢化、人手不足の課題を解決するため、ロボット、AI、IoTなど先端技術を活用した「スマート農業」を全国69地区で実証するものです。
既に、北海道から九州・沖縄にいたる全国の平場や中山間地域において、水田作、畑作、露地野菜、施設園芸、果樹、茶、畜産のさまざまな作目で実証がスタートしています。
このプロジェクトでは、スマート農業の社会実装を加速することを目的に、先端技術を実際の生産現場に導入します。そして、2年間にわたって技術実証を行い、技術の導入による経営への効果を明らかにし、その効果を、農業者の方々に広く情報発信していきます。

プロジェクトの目標

GOAL

全国69地区での
実証結果を全国に発信、
スマート農業の
社会実装を後押し

スマート農業実証プロジェクトで得られたデータや活動記録などは、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)が技術面・経営面から事例として整理し、農業者が技術を導入する際の経営判断をサポートする情報として提供されます。

更に、69地区の実証農場を「見られる・試せる・体験できる」情報発信拠点として活用し、視察を受け入れていただくとともに、2019年11月20日から22日にかけて「スマート農業サミット」をアグリビジネス創出フェアの会場内で開催するなど、プロジェクトの取り組みを広く情報発信しています。

このプロジェクトを通じてデータを収集・分析し、それらをきちんと情報発信していくこと等で、最終的には、2025年までに農業の担い手のほぼ全員がデータを活用した農業を実践することを目指します。

プロジェクトの展望

VIEW

農林水産省が見据える
未来の
日本農業のカタチ

農林水産省 農林水産技術会議事務局

研究推進課長 福島 一 氏

スマート農業技術が切り拓く
日本農業の新たな可能性

日本農業の課題を解決するスマート技術を全国へ

我が国の農業を巡っては、ご承知の通り、担い手不足、高齢化が指摘されています。また、我が国の農産物は高品質であることが強みですが、これは言わば「勘と経験」がものを言う匠の技が継承されることで成り立ってきました。こうした熟練者のノウハウを先端技術によって経験値として提供することで、新規就農者でも質の高い農産物を生産できるようにするとともに、人手の確保や作業負担の軽減といった課題を解決することが、“スマート農業実証プロジェクト”の狙いです。
しかし、スマート農業を実現するための先端技術(以下、スマート農業技術)は、多くの農業者にとってまだまだ高価なものです。導入コストは着実に低下していますが、過剰投資によるいわゆる「機械化貧乏」になることを懸念される農業者の方々も少なくありません。
そこでスマート農業実証プロジェクトでは、全国69地区に設置した実証農場において、生産から出荷にいたる一連の作業の効率化と品質向上につながるスマート農業技術を導入し、そこで実証された効果やコストに関する情報を広く発信することで、それぞれの農業者の実情に合ったスマート農業技術を横展開していくことを目指します。

実証~分析~改善で更に効果を高めていく

実証農場では、意欲ある生産者を必須構成員とし、農業機械メーカーやシステムを提供するベンダー、大学・農業試験場といった研究機関などで組織されるコンソーシアム(共同事業体)が、研究所や実験場などで既に成果を挙げているスマート農業技術を、現場レベルで実証し、さまざまなデータを集めています。
これから2年間にわたり集められるデータは、農研機構で分析と解析を行います。例えば、ドローンで生育状況を管理したらどれくらい省力化できたのか、肥培管理をより適切に行うことでどれくらい単収が向上したのか、といった個別の技術が経営全体に与えた効果を検証します。この検証結果を踏まえ、各コンソーシアムに対して改善を要する点があればチューニングを行い、更に高度な取り組みの実現につなげていく方針です。そして、実証農場での成果について、多くの農業者に実際に見ていただき、各々の経営に何を取り込めるのか、参考にしていただきたいと考えています。

スマート農業技術の浸透により日本農業は新たなステージへ向かう

スマート農業実証プロジェクトは、生産現場におけるスマート農業技術の導入を推進する取り組みです。しかし、生産現場だけを変える取り組みではありません。将来的には消費者のニーズをより的確に反映できる姿をも目指します。
担い手不足や高齢化などの農業を取り巻く課題は、スマート農業技術の導入により解消され、生産力は維持、強化されます。こうしてスマート農業が浸透した先に私たちが見据えているのが、生産から流通・加工・消費までのデータを1つにつなぐ「スマートフードチェーン」の構築です。まずは、スマート農業の社会実装をしっかり展開しつつ、その上で消費者や加工業者、流通業者が求めている量や質の農産物を、求められるタイミングで生産者が供給するシステムを実現したいと考えます。
担い手不足、高齢化が進む中で、スマート農業の浸透により省力化・効率化が進み、匠の技を長い時間かけて習得する農業から、新規就農者でも付加価値の高い農産物をロスなく供給することが当たり前の農業へ。それが私たちの理想とする未来の日本農業のカタチです。

お知らせ

農林水産省では、より多くの方にスマート農業に関心をもっていただくため、2019年11月20日から22日、東京ビッグサイト・アグリビジネス創出フェアにて、全国69地区の実証担当者が集合し、ブースでのポスター展示やセミナーを行います。
入場無料ですので、ぜひこの機会に足を運んでいただけると幸いです。

■ アグリビジネス創出フェア

日程:2019年11月20日(水)~22日(金)10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト 西4ホール
ブース詳細
セミナー詳細

全国各地の取り組み事例

CASE STUDY

農業者と民間企業の
連携による
先端技術実証の
現場を見る

COMING SOON

お問い合わせ

農林水産省
 農林水産技術会議事務局 研究推進課

〒100-8950 東京都千代田区霞ヶ関1-2-1
TEL:03-3502-7438
MAIL:smart-pr@maff.go.jp
ホームページ

国立研究開発法人
 農業・食品産業技術総合研究機構
企画戦略本部
 スマート農業実証事業推進室

〒305-8517 茨城県つくば市観音台3-1-1
MAIL:smartA-NARO@naro.affrc.go.jp
ホームページ