匠の頭脳 生産管理システム データ駆動型農業へ知的サポート。

マイナビ農業TOP > AGRI+(アグリプラス) > AGRI+ VOL.02 > 匠の頭脳 生産管理システム データ駆動型農業へ知的サポート。

匠の頭脳 生産管理システム データ駆動型農業へ知的サポート。

CHAPTER 2 「使える」スマート農業。

データ駆動型農業へ
知的サポート。

クラウド型営農管理システム 航空写真を使った農場地図を作り、日々の作業内容と実績の記録、作業指示や進捗管理をスマートフォンやタブレット、パソコンで手軽に行える営農支援ツール『アグリノート』(写真提供:ウォーターセル株式会社)

ベテラン生産者(匠)は、作物の葉の色で健康状態を見極め、何が足りないか把握できるといいます。そうした能力は、新規就農者が一朝一夕に習得できるものではありません。肥料の撒き方や耕し方にはマニュアルがありますが、こうした分析力や判断力を明文化して伝えることは難しいといいます。
あえてそこにチャレンジしようというのが「匠の頭脳」のスマート化です。「匠の手」と「匠の眼」をスマート化し、農作業の省力化、効率化を進めることができても、「匠の頭脳」をデータ化・見える化してスマート化しなければ次世代への継承は不十分です。そこで期待されているのが生産管理システムです。農作業・作業時間・農薬使用・肥料使用などの農業日誌機能や作物の出荷金額、ほ場単位ごとの出荷金額など、農業経営に必要な指標を「見える化」することで、農業経営の効率を高めるツールです。

クラウド型農業管理システム

JA、農業生産法人、流通販売組織など地域や法人単位で使い、栽培・収穫履歴などの情報を共有してGAP取得や販売力・収益拡大を目指す『栽培ナビ』(写真提供:パナソニック株式会社アプライアンス社)

農業支援サービス

『豊作計画』は、作業計画作成や進捗管理機能などを備えた農業IT管理ツール「豊作計画」と、改善スタッフによる農業の改善支援「現場改善」の二本立てで、農業の生産性向上を目指します(写真提供:トヨタ自動車株式会社)