スクミンベイト®3はドローン散布に最適!

マイナビ農業TOP > スクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)の被害には、スクミンベイト®3 > スクミンベイト®3はドローン散布に最適!

スクミンベイト®3はドローン散布に最適!

NEUDORFF

稲やれんこんの食害防止には 〜 有機JAS・稲WCSにも使用可能 〜

ドローン散布に最適!

『スクミンベイト®3』は粒の形状が均等で崩れにくく、ドローン散布に適しています。ジャンボタニシの活動が活発化する時期は圃場内に入りにくく、防除が容易ではありません。『スクミンベイト®3』のドローン散布なら高い操作性で、より均一に散布できるため、大規模だけでなく小・中規模の水田にも活用いただけます。背負い式散粒機の約半分の作業時間(10aあたり)(※)で、同等の効果が期待できます。発生時期に合わせられ、作業の省力化につながるドローン散布は、これからのジャンボタニシ防除には欠かせません。
※弊社省力化評価試験による。

散布動画

宮崎県内での散布試験(2018年)の様子。製品が詰まることもなくスムーズに撒くことができ、通常の動力噴霧機による散布と同様の効果が得られました。

防除試験事例

■ 2020年度試験 岡山県早島町
(社内試験)
発生状況 中発生(自然発生)
品種 アケボノ
移植日 2020年6月22日
試験規模 連制なし 3地点調査/区
処理方法 スクミンベイト3 2kg/10a相当をドローン(DJI社製MG-1機)による航空散布(6月23日)、動力散粒機による散布(6月23日、6月30日の2回)で処理
調査 処理15日後、22日後に100株/地点の欠株率、5m畔波板/地点の卵塊数を調査
結果と考察 スクミンベイト3のドローン散布は慣行の動力散粒機によるものと同等、無処理に比べ高い防除効果が認められた。
飛行ルート 飛行ルート

欠株数 欠株数

卵塊数 卵塊数

使用上の注意事項

●本剤は湛水状態で均一に散布してください。●本剤を無人ヘリコプターによる散布をする場合は、次のことに注意してください。①散布は散布機種の散布基準に従って実施してください。②散布に当たっては散布機種に適合した散布装置を使用してください。③事前に薬剤の物理性に合わせて散布装置のメタリング開度を調整し、飛散によって他の植物に影響を与えないよう散布区域の選定に注意し、散布装置のインペラの回転数を調整し、圃場の端から5m離れた位置から圃場内に散布してください。④できるだけ風の弱い時間に散布してください。⑤散布薬剤の飛散によって他の動植物等へ影響を与えないよう散布区域の選定に注意するとともに、散布区域内の諸物件に十分留意してください。⑥薬剤が水源池、飲料用水、養殖池、養魚田などに飛散、流入しないように十分注意してください。⑦使用後の機体散布装置は十分洗浄し、タンクの洗浄廃液は安全な場所に処理してください。使用残りの薬剤は必ず安全な場所に責任者を決めて保管してください。●本剤の使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、とくに初めて使用する場合は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けてください。