富士・東部地域|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 山梨で生きる 就農ライフ > 富士・東部地域

富士・東部地域

山梨で生きる就農ライフ -Live in yamanashi-

山梨県ってどんなところ?
ARTICLE 09
富士・東部地域
1

富士・東部地域の特徴

富士・東部地域は、山梨県の東側に位置し、「富士北麓地域」(富士吉田市、西桂町、忍野村、山中湖村、鳴沢村、富士河口湖町)と「東部地域」(都留市、大月市、上野原市、道志村、小菅村、丹波山村)の2地域、12市町村から構成されています。
富士北麓地域は、世界文化遺産である富士山、富士五湖や樹海などを有する世界的な観光地であり、別荘やスキー場などのリゾート地としても有名な地域です。
一方の東部地域は、本県の東の玄関口であり、都心から1時間程度と好アクセスの上、豊かな森林には東京都や横浜市に水を供給する源流が流れており、清流や山岳などがつくりだす美しい自然環境に恵まれた地域です。

2

富士・東部地域の農業の特徴

富士・東部地域では、大消費地に近い立地条件や、夏季の冷涼な気候・清涼な湧水などの自然条件を活用した農業が行われています。
特に富士北麓地域を中心に、夏季の涼しい気候を生かし、スイートコーンやキャベツなどの高原野菜、花の栽培、酪農が盛んに行われています。また、豊富な湧水を利用した水かけ菜、わさびなどの特産品の生産も活発に行われており、中でもクレソンは全国第2位の生産量を誇ります。
富士山をはじめとした観光資源を豊富に有し、国内外から多くの観光客が訪れることから、道の駅などにおける地元農産物の直売や観光農園の開設等、観光農業も活発に行われています。

先輩就農者の声

富士・東部地域で農家として働く先輩たちの体験談を紹介します。

お問い合わせ

農業に興味がある方、山梨県に移住したい方はこちらよりお問い合わせください(山梨県HPにジャンプします)。