持続可能な日本の農業|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 持続可能な日本の農業

持続可能な日本の農業

ABOUT

作物保護について

日本の気候はアジアモンスーン型であり、農業は病害虫・雑草との戦いといわれています。
農産物の生産には、病害虫・雑草の被害から作物を保護することが重要になります。

そのため、JCPA(Japan Crop Protection Association)農薬工業会は食料生産における作物保護の役割と農薬の安全性について正しい知識を普及啓発するとともに、農業関係者の方々に農薬の適正使用を推進するための活動を行っています。

安全を、農場から。安心というご馳走を。

食の未来のために

2013年から当会は「JCPA VISION 2025」というビジョン活動を立ち上げ、
食料生産の重要性と作物保護の役割について情報発信を行なってきました。
また、このビジョン活動と国連のSDGs(17の目標)との連携についても積極的に発信しています。
安定的で持続的な食料供給のために、作物保護の果たす役割は今後ますます大きくなると考えられます。
SDGsとも連携し、ビジョン活動を通じて『食と農』への貢献に努めて行きます。

作物保護の役割は

  • 飢餓をゼロに
    飢餓を
    ゼロに
    農作物の収量・品質の
    確保で貢献する
  • すべての人に健康と福祉を
    すべての人に
    健康と福祉を
    カビ毒リスクの軽減で
    健康に寄与する
  • 働きがいも経済成長も
    働きがいも
    経済成長も
    効率化・安定化により
    農業を成長産業に
  • 陸の豊かさを守ろう
    陸の豊かさも
    守ろう
    農耕地の拡大を
    抑えることで緑を守る

当会活動の役割は

  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
    産業と技術革新の
    基盤をつくろう
    新技術や製品の創出で
    基盤づくりに繋げる
  • つくる責任つかう責任
    つくる責任
    つかう責任
    農薬の適正使用を
    通してサポートする
  • パートナーシップで目標を達成しよう
    パートナーシップで
    目標を
    達成しよう
    消費者への啓発を通じて
    達成を目指す

MOVIE

作物保護に使われる
農薬について

食料生産の重要性と
農薬の役割

食料を将来に向けて安定的に確保するために農薬を含めた科学技術の適切な活用は欠かせません。

YouTubeで見る

科学的データに裏付けられた農薬の安全性

消費者や使用者への安全性に加え環境への影響など広範な安全性評価が行われています。

YouTubeで見る

Q & A

よくあるご質問

  • Q01

    農薬を散布するのは一日のうちいつがよいのでしょうか。

    A01

    早朝や夕方の涼しく風が無いか穏やかな時間帯が良いです。また、雨が降りそうな日は避けましょう。

  • Q02

    散布後に降雨があったが、効果は大丈夫でしょうか。

    A02

    降雨の前に散布液が乾いていれば、効果に影響はほとんどないと考えられます。

  • Q03

    「収穫前日まで」の農薬はいつまでに使用すればよいですか。

    A03

    収穫開始の24時間より前が原則です。夕方に農薬を散布して、翌日の朝に収穫するような使用は避けてください。

  • Q04

    農薬製品ラベルに「その日まで使用できる収穫(摘採)前の日数」とありますが、どういうことですか。

    A04

    最終散布日から収穫(摘採)日までそれ以上空けなければならない日数のことです。「収穫前日数」ともいいます。

  • Q05

    農薬の総使用回数の数え方を教えて下さい。

    A05

    総使用回数は、一つの製剤ではなく同一の有効成分を含む全ての製剤を使用した回数の合計になります。これは各作物ごとに個別に決められています。

  • Q06

    有効期限切れの農薬は使用できますか。

    A06

    いいえ、有効期限の切れた農薬は使用しないでください。

  • Q07

    散布液が余った場合にはどうすればよいですか。

    A07

    散布むらの調整に使用するなど、ほ場内で使い切って下さい。散布液の調製の際は、ラベルに記載された使用量に従って散布液を適量調製するようにしましょう。

  • Q08

    使用済みの農薬容器の処理はどうしたらよいのですか。

    A08

    使用済みの容器は洗浄等で付着農薬を除去した後、他の用途には絶対に使用せずに廃棄してください。

  • Q09

    不要な農薬の処分方法とその時の注意点について教えて下さい。

    A09

    不要な農薬は産業廃棄物または一般廃棄物になり、法令に従った処分が必要になります。使用者が産業廃棄物処理業者等に相談して処分を委託してください。

  • Q10

    「減農薬栽培」や「無農薬栽培」とは、どういう意味ですか。

    A10

    それらの表示はもう使えなくなりました。現在は「特別栽培農産物」に統一されています。

よく問合せがある農薬に関する質問については、当会HPに「教えて!農薬Q&A」及び「農薬をご使用になる方へ」のコーナーを設け、農薬の安全性や環境への影響、食品における安全基準、農薬の役割などについて解説しています。

LEAFLET

リーフレット

農薬適正使用のポイントRACコードをご存じですか?ちゃんと知りたい「作物群」登録のこと

農業関連団体や農薬使用者の方々に、農薬の役割や安全性、適正な使用方法をわかりやすく解説したリーフレットや「農薬の正しい使い方」DVDを無償で配布しています。

RELATED SITE

関連サイト

作物保護や食の安全についての情報を知りたいときには

CONTACT

お問い合わせ

ご相談はこちら