初期費用ゼロでカフェ・飲食店の商売チャンスを広げる!「お茶のサブスク」導入店舗の募集を2022年12月1日より開始|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > プレスリリース:初期費用ゼロでカフェ・飲食店の商売チャンスを広げる!「お茶のサブスク」導入店舗の募集を2022年12月1日より開始

株式会社クラフト・ティー

初期費用ゼロでカフェ・飲食店の商売チャンスを広げる!「お茶のサブスク」導入店舗の募集を2022年12月1日より開始

公開日:2022年11月30日

株式会社クラフト・ティー
カフェ・飲食店の商売チャンスを広げるお茶のサブスクを導入しませんか?

「よいお茶を、いつもそばに」をコンセプトとする日本茶のサブスクブランド「CRAFT TEA」を運営する株式会社クラフト・ティー(代表取締役・新谷健司、本社・静岡県榛原郡川根本町、以下当社)は、2022年12月1日(木)よりお茶のサブスク導入店舗の募集を開始します。初期費用ゼロで簡単に導入できるお茶のサブスクで、カフェ・飲食店の商売を拡大しませんか?

「お茶のサブスク」とは?

当社は、「日本中のあらゆる町で、上質な日本茶をマイボトルに注いでもらうことができる世界」を目指し、2021年4月にお茶のサブスクサービスを開始しました。この「お茶のサブスクサービス」の会員(以下、サブスク会員)になると、毎日1杯、持参したマイボトルに淹れたての上質なお茶を注ぐサービスを受けることができます。

<関連リリース>
静岡県の日本茶ブランド「CRAFT TEA」の直営店舗が4月8日(木)より東京丸の内・飯田橋に同時オープン!1杯無料キャンペーンの実施も決定
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000076284.html

<お茶のサブスク紹介サイト>
https://ctml.page.link/RtYB

コロナ禍にもかかわらず、サブスク会員の月のお茶の受け取り回数は平均約13回を維持し、普段急須でお茶を飲まない方々にも、日常的にリーフ茶を飲む新しい習慣を拡げてきました。

現在のお茶の受け取り可能店舗について

2022年11月30日現在、サブスク会員は以下の店舗でお茶を受け取ることが可能です。

・CRAFT TEA丸の内(東京都千代田区)
・CRAFT TEA大手町(東京都千代田区)
・coffee mafia 有明(東京都江東区) ※正式募集前のテスト運営中
・四十八漁場 山王パークタワー店(東京都千代田区) ※正式募集前のテスト運営中

2022年12月1日からは、お饅頭とCOFFEE 笑(和歌山県和歌山市)にてお茶の受け取りが可能になります。
2023年12月までにお茶の受け取り可能場所を100箇所以上に広げることを目標に、お茶のサブスク導入店舗を広く募集いたします。

<お茶の受け取り可能店舗マップ>
https://www.google.com/maps/d/u/1/edit?mid=158dzGVOMBe0fdu3423pIjAtnOPyJBwg&usp=sharing

サブスク導入店舗募集の概要

カフェ・飲食店がお茶のサブスクを導入すると、サブスク会員がお茶を受け取りに来店するようになります。
それにより、

・来店ごと自社商品の販売やサービスをPRするチャンスが生まれる
・来店ごとに当社から提供報酬をお支払いするので、店舗の収益を増やすことができる
・お茶の受け取り可能時間を一部の時間帯に限定することも可能なので、アイドルタイムを使って人件費を増加せずに利益額を増やすことも可能

というメリットを得ることができます。
また、お茶のサブスクは「加盟料・月額料金は無料」「機材・お茶は無料支給」「販促物も無償支給」「お茶の提供オペレーションは簡単」のため、極めて少ない負担で導入が可能です。

飲食店(飲食店営業許可を有する店舗)であれば、どなたでも応募可能です。
導入を検討されている方は、こちらから応募ください。
https://ctml.page.link/TsHi

※お問合せ後、詳しい説明をさせていただきます
※お茶の提供に適しているか審査がございます。場合によっては、お断りさせていただく可能性があります

お茶のサブスクに取り組む背景

茶業を取り巻く状況は、栽培面積・生産量の減少、茶価の低迷、それに伴う後継者不足に見舞われ、急速に耕作放棄地が増加するなど、悪化の一途をたどっています。その背景には、リーフ茶(急須で淹れて飲むお茶)の需要が減ったことなどが挙げられます。(※)
茶業を盛り上げるためには、お茶の消費量を増大する必要があります。そのために、当社は今まで一般的ではなかった、さまざまなお茶の売り方にチャレンジしてきました。
お茶のサブスクは、新しいお茶の売り方へのチャレンジのひとつです。今まで急須がなければ淹れられなかった上質なお茶を、ティーバッグ化することで手軽に楽しめるようにしました。また、お茶を淹れる行為そのものを代行する、今回のお茶のサブスクサービスによって負担なく毎日お茶を楽しむことができるようになります。
当社は、良質なお茶の消費量を増やし、日本の茶業を活性化することを目指しています。

(※)「茶をめぐる情勢(令和4年10月)」農林水産省、P.3,4,5より
https://www.maff.go.jp/j/seisan/tokusan/cha/attach/pdf/ocha-26.pdf

会社概要:株式会社クラフト・ティーについて

所在地:〒428-0301 静岡県榛原郡川根本町徳山1222-1
事業内容:
・日本茶ブランド「CRAFT TEA」の展開
・お茶のサブスクサービスの提供
・新しいお茶割り「CRAFT TEAお茶割り」の展開
・お茶のおみやげ「Chabacco(ちゃばこ)」の企画・製造販売
・お茶関連商品の製造販売
会社HP:https://crafttea.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

公式SNS