年間約25万本の苗を育てる「育種・育苗のエキスパート」 種と苗から農薬・化学肥料不使用のこだわりのケールづくりとは!?|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > STORY:年間約25万本の苗を育てる「育種・育苗のエキスパート」 種と苗から農薬・化学肥料不使用のこだわりのケールづくりとは!?

キューサイ株式会社

年間約25万本の苗を育てる「育種・育苗のエキスパート」 種と苗から農薬・化学肥料不使用のこだわりのケールづくりとは!?

公開日:2021年06月28日

 キューサイ株式会社は、1982年にケール青汁の製造・販売を開始し、来年2022年に40周年を迎えます。ケール青汁のロングセラー商品「THE KALEシリーズ」は、安全・安心なものをお届けしたいという想いのもと、発売以来、国産ケール100%にこだわって製造してきました。原料であるケールは、種づくりから、苗づくり、栽培に至るまですべて一貫して農薬・化学肥料不使用を貫き、丹精込めて大切に育てています。良質なケールを育てるために、種一粒にも手間ひまをかけ、年間約25万本の苗を育てる育種・育苗のエキスパート「キューサイファーム島根」の石田修司さん・有福珠巳さんに話を聞きました。

■担当者プロフィール

<石田 修司>2007年にキューサイファーム島根に入社後、農業機械の整備や改良に携わりながらケール栽培を担当。2015年よりケールの育種・育苗に従事している。

<有福 珠巳>2019年に新卒でキューサイファーム島根に入社後、育種・育苗を担当。ケール栽培について一から学びながら日々奮闘中。

●種一粒にも手間ひまをかけ、高品質なケールへ

 良質なケールを育てるためには、良質な苗を育てることが大切ですが、種の良し悪しで苗の生育や品質に差がでるため、種づくりはとても重要です。「THE KALEシリーズ」の原料であるケールは、種の段階からキューサイファーム島根で一切農薬を使わず育てています。

手間ひまかけて育てたケールは、春先にかわいらしい黄色い花を咲かせますが、この花がやがて散り、そこについた種を採取していきます。より丈夫な種になるよう花を手作業で間引いて厳選したり、種をつけるための受粉に自然のミツバチの力を借りたりしているんです。

そうしてようやくできた2mmほどの種の中から、ピンセットで一つずつ選別して丸くてハリのあるものだけを残し、キューサイ基準の種が完成するのです。

優秀な種は丈夫で栄養たっぷりのケールに育つので、お客さまの健康にお役立ていただくため、種まで手を抜かないことが大切です。

●デリケートな育苗。毎日が温度・湿度との闘い

 育苗が始まるのは8月下旬。選りすぐった種を一つひとつ植え、芽が出てくると作業本番です。毎日4棟のビニールハウスの水やりや温度調節を全て手作業でしています。苗や土の状態を見て、その日の天候から土の水分量を判断し、水やりや通気の調整をするのです。

 温度が高くなりすぎると高温障害がおき、湿度が高いと病気になってしまうため、ビニールハウスを開閉するなどして通気の調整をします。ケール栽培のスタート地点といえる作業で、苗の質でケールの質が左右されるため、細心の注意を払って作業に臨んでいます。

土から芽吹いたばかりの苗はとてもデリケートです。もちろん苗も農薬不使用で育てているので、まだ柔らかな葉を虫から守るため、手作業での駆除は欠かせません。担当になった初年度は、苗の状態が気になり四六時中考えていましたね。育苗はお客さまにお届けする商品の第一歩だと思っているので、喜んでもらえるようなケール青汁になるよう、心を込めて栽培しています。

●入社2年目、農業未経験からの挑戦!ケールのパワーをお届けするため奮闘中!

 もともと実家が農家で友人にも農業関係者が多かったりと、農業に興味を持っていたのですが、特に農薬・化学肥料不使用で栽培しているところに惹かれ、キューサイファーム島根に入社しました。農業未経験で入社したため、一から毎日勉強させてもらっています。

ケール栽培は一つひとつの作業が奥深いです。特に難しいのは苗の水やりです。空のトレイを使った練習を経て昨年初めて苗の水やりを任されたのですが、苗の生育にばらつきができ左右の苗だけこんもりと成長してしまいました…。根腐れを起こしてしまったこともあります。『水まき8年』と言われることもあり、まだまだ修行が必要です。水まきのほかにも、トラクターなど農業機械にも興味があるので、大型免許取得のため勉強中です。

大切に育てた小さなケールの苗が、太陽に向かってぐんぐん成長し、収穫時には大人の顔よりもはるかに大きな葉を広げるたくましさもケールの魅力です。天候や台風など自然との闘いなので大変な時もありますが、私の育てたケールが原料となったケール青汁商品「THE KALEシリーズ」をお客さまが笑顔で楽しまれている様子を思い浮かべながら、丁寧に心を込めて育てています。私にとってケールは、身近で大好きな野菜で、自宅でいろいろなケール料理にして楽しんでいます。美味しく栄養もたっぷりの野菜なので、もっと多くの方に知っていただき、皆さんにも日々の生活にケールを取り入れてもらえると嬉しいです。

●摘みたてケールの栄養とおいしさをお届け!100%国産ケール使用の「THE KALE シリーズ」

◇「THE KALE シリーズ」の特長

・100%国産ケールを使用

・農薬・化学肥料不使用

・無添加(保存料・酸化防止剤・着色料不使用)

・お好みに合わせて選べる3タイプ(粉末、冷凍、粒)

・粉末・粒タイプは常温で長期保存が可能

・スティックタイプは持ち運びに便利

・キューサイ独自の4つの製法

 ①水にもなじみやすいさらりとした粉末にする「マイルドパウダー製法」(粉末タイプ)

 ②フレッシュ感のある色や風味を実現する「極・細粒製法」(粉末タイプ)

 ③栄養成分の変質や分解を極力抑え、体への吸収を高める「凍結粉砕製法」(粉末タイプ)

 ④極力酸素にふれさせず、畑のケールの味わいをキープする「低酸素 新鮮クリア製法」(冷凍タイプ)

▼「THE KALE シリーズ」の詳細はこちら

https://www.kyusai.co.jp/aojiru/

■「KALE WORK」を提唱~生命力あふれる「ケール」のチカラを皆さまへ~

キューサイは、長年の栽培や研究を通じてケールの魅力を知るエキスパートカンパニーとして、ケールのチカラをより多くの方へお届けできないかと考え、2019年よりスーパーフード「ケール」を日々の生活に取り入れる新たなライフスタイル「KALE WORK(ケールワーク)」を提唱し、情報発信や商品開発をはじめ様々な活動を行っております。

創業55周年を記念したオンラインイベント「健美カレッジ」では、ケールの育て方やケールのおすすめレシピなどをご紹介しております。

石田さん・有福さんも育苗のエキスパートとしてイベントに出演し、ケールベビーリーフの育て方をレクチャーしました。

▼石田さん・有福さんも出演している過去のイベント動画はこちら

https://corporate.kyusai.co.jp/55th/college/

~ケール栽培のプロフェッショナル、太田さんのSTORYはこちら~

×

行動者ストーリー詳細へ
PR TIMES STORYトップへ