農地も栽培ノウハウも確保!すぐに就農できる画期的な方法とは – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 就農 > 農地も栽培ノウハウも確保!すぐに就農できる画期的な方法とは

就農

農地も栽培ノウハウも確保!すぐに就農できる画期的な方法とは

農地も栽培ノウハウも確保!すぐに就農できる画期的な方法とは

最終更新日:2017年12月13日

農地探しや栽培技術の習得、機材の準備など、多くの就農者は次々と高いハードルに直面します。そんな就農者に共通する課題を、まとめて解決・対策し、スムーズに就農できる方法があります。新規就農者なら知っておきたい、そのサービスについて迫りました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

農地も栽培ノウハウも確保!すぐに就農できる画期的な方法とは

農業を新たに始めるには、いくつものハードルがあります。農地の確保、施設や機材の準備、栽培技術の習得、販売。農業未経験の方にとって、これらをすべて1人で乗り越えていくためには、お金も時間も知識も必要です。そんな新規就農者が直面する課題を、すべてサポートしてくれる画期的なサービスがあります。seak株式会社が提供する「LEAP」です。

LEAPは、「LEt’s Agriculture Program」の頭文字を組み合わせたもの。代表取締役社長の栗田紘(くりたひろし)さんは、勤めていた会社を辞め、新規就農してトマト栽培に取り組んだ経験の持ち主です。その時に自身が直面したさまざまなハードルに、他の新規就農者も同じように直面していることから、新規就農者に共通する課題を解決するために立ち上げたサービスです。

関連記事:募集枠2名に150名が殺到。注目の「新規就農サービス」誕生の裏側

新規就農者が直面する課題とは

まず初めに、実際に農業を始めた方が、どのような点に苦労しているのか調べてみましょう。

全国新規就農相談センターが行った「新規就農者の就農実態に関する調査結果」(※1)によると、新規就農者が就農時に苦労した事例として、上位に挙げられているのが、「農地の確保」「資金の確保」「営農技術の習得」「住宅保の確保」といったことです。

さらに、「営農技術の習得」について詳しく見てみると、就農の準備段階で一般農家や農業法人、農業大学校、市町村などで研修を受けた人は、全体の75.0%。研修の期間については、「1年以上2年未満」が43.3%、「2年以上3年未満」が32.1%と、7割以上の方が1年から3年の研修を経て就農している実態がわかります。

農業は簡単に1人で始められる事業ではなく、農作物や栽培に関する知識を学んだり、作りたい作物に適した土地を探したり、さまざまなプロセスが必要となります。そこで、多くの新規就農者に共通する課題を全面的にサポートして、スムーズに就農できるように作られたサービスが、LEAPです。

農地はすでに確保済み

農地はすでに確保済み

LEAPでは新規就農のプロセスを、(1)準備、(2)農地、(3)施設/機材、(4)栽培、(5)販売の5つに分けて、それぞれで生じる課題に対して対策や、解決へのサポート体制が整えられています。

例えば(2)の農地についてLEAPは、拠点とする神奈川県藤沢市から新規就農者に認定されており、市や周辺の地権者と連携しています。そのため就農希望者は、場所などの条件を登録すれば、自分の条件に合った農地を探すことができ、農業を開始できるのです。

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧