ウェブ制作のプロが解説!「農家のこだわりホームページ」7選 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > マーケティング > ウェブ制作のプロが解説!「農家のこだわりホームページ」7選

マーケティング

ウェブ制作のプロが解説!「農家のこだわりホームページ」7選

ウェブ制作のプロが解説!「農家のこだわりホームページ」7選

2017年07月29日

自分のホームページを持つ農家の方が増えてきています。そこで、魅力的な農家のホームページをピックアップ。さらに、ウェブ制作現場で活躍するプロフェッショナルから、それぞれのホームページに対して解説などをお聞きしました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

ウェブ制作のプロが解説!「農家のこだわりホームページ」7選

消費者へ生産物を直接販売する機会が増えたことで、独自のホームページを持つ農家も増えてきました。
これから「ホームページを作りたい」という方や、「ホームページをリニューアルしたい」、という方のために、魅力的なホームページを運営している農家をピックアップ。さらに、アートディレクター、ウェブデザイナー、ウェブ開発者と第一線の現場で活躍するプロフェッショナルから、それぞれのホームページの魅力についてお話をおうかがいしました。

1:清六ファーム(山形県南陽市)

栽培作物:お米、さくらんぼ、ぶどう

清六ファーム(山形県南陽市)

山形県で米、サクランボ、ぶどうの栽培をしている小関ファミリー。丁寧に作物に向き合っている姿は、ホームページ内にあるブログ「清六日記」から発信される他、やわらかな日差しの写真一枚一枚からも感じ取れます。また、トップページでは、こだわりの作物の写真を表示しており、サクランボに見立てたロゴも素敵です。

<プロの解説>

「みずみずしいフルーツの写真をきれいに並べることで、印象的なページに見せています。手書き風のロゴが、作物を大事にする作り手の思いを伝え、見る人に安心感を与えています」(アートディレクター・白井さん)

清六ファーム
http://www.seirokufarm.com/

2:永島農園(神奈川県横浜市)

栽培作物:しいたけ、キクラゲ

永島農園(神奈川県横浜市)

力強いロゴは、見るからに歴史のある農家の佇まい。このホームページは500年も前から同じ土地で農業を営んでいる永島農園のものです。読み応えのある農園の歴史の記事や、こだわりの栽培作物の紹介のほか、購入できる直売所の情報も掲載。SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)も運営しており、タイムリーな出店内容などはFacebookでチェックできます。

<プロの解説>

「ロゴや背景、文字色などホームページ全体のバランスが良いのが印象的です。レイアウトが一般的なホームページと異なる点は、一目置くところ。ナビゲーション部分にイラストが使われている所が、見る人に愛着を感じさせてくれます」(ウェブ開発者・村松さん)
永島農園
http://nagashima-nouen.jp/

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧