出荷量前年比160%!レシピ動画で豆苗が大ブレイクした理由 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > マーケティング > 出荷量前年比160%!レシピ動画で豆苗が大ブレイクした理由

マーケティング

出荷量前年比160%!レシピ動画で豆苗が大ブレイクした理由

出荷量前年比160%!レシピ動画で豆苗が大ブレイクした理由

2017年07月29日

少し前まではマイナーな食材だった豆苗ですが、2017年5月の出荷量は前年比160%を記録しました。そんな豆苗のブレイクの影にあるのが、豆苗レシピの動画配信といいます。レシピ動画と豆苗の出荷量増加にはどのような関係があったのでしょうか?

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

出荷量前年比160%!レシピ動画で豆苗が大ブレイクした理由

スーパーに並ぶ生産物や商品は、季節にあわせて、旬のものなどに変わっていきます。しかし季節が変わっても、陳列棚の限られたスペースの中で、定位置を確保している食材があります。それが、豆苗です。

2017年5月の豆苗の出荷量は前年比160%と、驚異的な売上を記録しています。豆苗の急成長の立役者となったのが、レシピ動画サービス「Kurashiru(クラシル)」の動画配信です。少し前まではマイナーな存在だった豆苗を、メジャーな野菜に押し上げた動画の効果とは、一体どのようなものなのでしょうか。

豆苗の出荷量と野菜価格の推移

豆苗のシェアで第1位の株式会社村上農園では、気温や光などが自動で制御された植物工場で生産されています。そのため豆苗は季節に関わらず、安定的に手に入る食材なのです。

豆苗の出荷量と野菜価格の推移

2016年の豆苗の出荷量と野菜価格の推移を見てみると、野菜の価格が上がり始めると、それに伴って豆苗の出荷量も増えていくことがわかります。他の野菜の値段が高くなったら「いつも安価な豆苗を買おう」と思うのは、消費者の心理として不思議なことではありません。

【関連記事はこちら!】動画で見るからわかりやすい!「おすすめ動画レシピアプリ」5選

レシピ動画のヒットとあわせて豆苗の出荷量も急増

従来の豆苗の売れ行きに大きな変化をもたらしたのが、動画配信です。野菜の中でも優れた栄養バランスを持っていて、一定の出荷量があるにも関わらず、豆苗がメジャーな存在になりきれなかったのは「豆苗をどう料理に使ったらいいかわからない」という利用者の実態が一因でしょう。料理法がわからないのであれば、いくら豆苗が安価で手に入りやすくても、購入には至りません。

そんな中2016年秋から、レシピ動画サービス「Kurashiru(クラシル)」で豆苗のレシピを紹介する動画の配信が始まりました。季節を問わず安く購入でき、しかも一度食べた後でも根を水に浸しておくと新しい芽が出て再収穫できるという特長が、毎日の献立に取り入れやすいと注目されました。

今では豆苗レシピの動画は50本以上公開され、一番人気の「もやしと豆苗の豚肉レンジ蒸し」は、再生回数が1,700万回(2017年7月現在)を超えています。

レシピ動画のヒットとあわせて豆苗の出荷量も急増

そして、この動画の再生回数が増えていくと共に変化していったのが、豆苗の出荷量です。「もやしと豆苗の豚肉レンジ蒸し」の再生回数が2017年2月頃から右肩上がりに伸びていくと、それを追うようにして豆苗の出荷量も急増。5月の出荷量は約1,140トンと前年比160%の記録を作ったのです。

同時期の野菜価格は平年並みで横ばい推移していたことから、“他の野菜の代用品として”豆苗を購入した人が増えたのではなく、“豆苗を買いたい”と目的を持って購入した人が増えた結果と考えられます。

「もやしと豆苗の豚肉レンジ蒸し」

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧