畑からテーブルへ〜フクロウのいる空間で、美と健康を育む新鮮野菜を楽しむお店「Shiny Owl」 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 畑からテーブルへ〜フクロウのいる空間で、美と健康を育む新鮮野菜を楽しむお店「Shiny Owl」

ライフスタイル

畑からテーブルへ〜フクロウのいる空間で、美と健康を育む新鮮野菜を楽しむお店「Shiny Owl」

畑からテーブルへ〜フクロウのいる空間で、美と健康を育む新鮮野菜を楽しむお店「Shiny Owl」

2017年07月31日

原宿駅から代々木公園を抜けて、歩くと見えてくる大きなフクロウが目印の「Shiny Owl シャイニーアウル」は、シェフ 三田健美さん自らが全国から選び抜いた新鮮な野菜を使って作る、創作料理が自慢です。真っ白なフクロウのtOwl(トウル)くんが訪れる人を出迎えてくれます。
Shiny Owlの野菜や料理への想いやこだわりを、シェフである三田さんにお話いただきました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

原宿駅から代々木公園を抜けて、歩くと見えてくる大きなフクロウが目印の、「Shiny Owl シャイニーアウル」は、シェフ 三田健美さん自らが全国から選び抜いた新鮮な野菜を使って作る、創作料理が自慢です。名前の通り、真っ白なフクロウのtOwl(トウル)くんが訪れる人を出迎えしてくれます。

そんなShiny Owlの野菜や料理への想いやこだわりを、シェフである三田さんにお話いただきました。

良い料理は、良い食材から。そのためにShiny Owlと農家との信頼関係が大切

——Shiny Owlのコンセプトや大切にしていることを教えてください。

“farm to table”—畑からテーブルへ、というコンセプトです。

農家から届く新鮮な野菜をおいしいうちに食べてもらいたいという思いを込めています。

自ら全国の農家を探していて、良い農家を見つけたら、必ず会いに行くようにしています。電話だけで、この野菜をください、というような距離感では仕事をしたくなくて。一緒に始める前に、必ず会いに行きます。畑まで会いに行く、時間があれば畑も手伝う、そういう人間関係を築いていこうと心がけています。

電話で話すだけだと、農家の大変さも実際にはわからないじゃないですか。会いに行ったり、畑を手伝うことで農家の大変さに気づけるし、サービスで入れてくれた野菜も、どれだけ大切に育てられたものか知ることができます。」

都会にいると、野菜って安く思われがちなんです。その意識を変えていくべきだと思います。機械的に種をまいて薬品を散布してできた野菜にかける愛と、僕が会いに行く農家が育てる野菜に対しての愛は違うと思う。その差が味に出るんですよね。

——おいしい料理を提供するだけでなく、食材がどんな風に作られているかを知ることで、作る側の気持ちや料理も変わってきますね。

自分の目で育っている環境から見て選ぶ、というのは食材への強いこだわりですね。

はい。農家と良いお付き合いをしていく中で、こういうものがこの時期に欲しいから、このくらい作ってくれれば使えるよ、と農家に提案もしています。作ってくれた分は全部もらうから、と。

農家との人間関係、信頼関係は大事だと思います。農家に、どれだけ会いに行けるかも大切。会いに行くことで、こちらの熱意が伝わり、信用してもらうからこそ、提案したように作ってもらえるんですよ。

Shiny農園サラダ

福岡県から直送された、採れたての新鮮な彩り豊かな野菜が並びます。ホウズキやベニクルリ、コールラビなど、聞きなれない野菜も食べてみるととてもおいしいですよ。ニンジンやゴマなど、野菜をたっぷり使用した自家製ドレッシングは絶品です。

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧