畑と人を繋いで野菜本来のおいしさを伝えたい。有機野菜で日常を変えるきっかけに。 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 就農 > 畑と人を繋いで野菜本来のおいしさを伝えたい。有機野菜で日常を変えるきっかけに。

就農

畑と人を繋いで野菜本来のおいしさを伝えたい。有機野菜で日常を変えるきっかけに。

畑と人を繋いで野菜本来のおいしさを伝えたい。有機野菜で日常を変えるきっかけに。

2017年07月31日

千葉県の農業法人に就職し、有機野菜を作る原田菜摘(はらだなつみ)さん。大学では国際ビジネスを学んでいた原田さんが、なぜ新卒で農業法人で働き始めたのでしょうか。お話をうかがいました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

千葉県の農業法人に就職し、有機野菜を作る原田菜摘(はらだなつみ)さん。大学では国際ビジネスを学んでいた原田さんが、なぜ新卒で農業法人で働き始めたのでしょうか。お話をうかがいました。

原田菜摘さん略歴

・愛知県出身

・大学で国際ビジネス学科を専攻

・留学先のオーストラリアで自然に触れる楽しさを知る

・日本に戻り、有機野菜の農業生産法人でインターン

・農業生産法人「くくりの森」にて有機農業に携わり、現在3年目

働かれている農業生産法人について教えてください。

私が働いている「くくりの森」は、千葉県山武市にある農業生産法人です。ニンジンと落花生を中心に、ナス・ピーマン・トウモロコシなど多品目を有機農法で作っています。

ニンジンは「ひとみ五寸」という品種で、甘くて柔らかいのが特長です。名前の通り、五寸程の小さなニンジンです。柔らかいので収穫と出荷作業にかなり気を遣いますし、スーパーの店頭で形が崩れてしまうことがあるので、市場に出回りにくい希少な品種です。扱いは難しいのですが、お客さんから「ひとみ五寸のおいしさは他のニンジンとは比べ物にならない」という声をいただくので、この品種にこだわって作っています。

落花生は「千葉半立(ちばはんだち)」という品種を育てています。甘さと濃厚な味わいが特長の最高級品種です。発芽が難しく、他の落花生に比べて粒が小さいという面もありますが、おいしさがギュッと詰まってお客さんにとても人気があるため作り続けています。

くくりの森は品種選びにこだわっています。その基準は、野菜本来のおいしさがはっきりしているかどうか。甘みや辛味、酸味など、野菜本来の味が引き立つような品種を選んでいます。

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧