農作業のためのビール?!「セゾンビール」の歴史と魅力に迫る – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 農作業のためのビール?!「セゾンビール」の歴史と魅力に迫る

ライフスタイル

農作業のためのビール?!「セゾンビール」の歴史と魅力に迫る

農作業のためのビール?!「セゾンビール」の歴史と魅力に迫る

2017年07月31日

仕事終わりのご褒美としてや、飲み会における乾杯の1現在では世界共通で楽しく飲まれているビールですが、昔は農作業のお供として親しまれていました。そんな意外な起源を持つビールのことを「セゾンビール」と呼びます。農業と深い関係があるセゾンビールの歴史やその魅力に迫ってみましょう!

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

仕事終わりのご褒美としてや、また、飲み会における乾杯の1現在では、世界共通で楽しく飲まれているビールですが、昔は農作業のお供として親しまれていました。そんな意外な起源を持つビールのことを「セゾンビール」と呼びます。農業と深い関係があるセゾンビールの歴史やその魅力に迫ってみましょう!

農夫のためのビール!セゾンビールの歴史

セゾンビールはビアスタイルの一種で、夏の農作業中に飲むために、冬の農閑期に醸造されていたビールのことです。季節限定で造られていたため、フランス語で季節を意味するセゾン(英語のseasonに相当)を用いて「セゾンビール」という名前になりました。

セゾンビールの始まりは、世界有数のビール王国であるベルギー。今から150年以上も前、1840年頃にベルギー南部のワロン地方の農家が造りはじめました。この頃、生水には病原体が含まれる恐れがあったため、安心して水を飲むことができませんでした。そこで、夏の暑い時期にはアルコール自体に殺菌作用を持ち、醸造の過程で煮沸をしているビールを水の代わりとして農作業中に飲もう!ということになったのです。新しいアイデアですよね。冬の農閑期に醸造して夏の農作業中に飲むため、当時のセゾンビールには次のような特長や役割がありました。

長期間保存できる

セゾンビールを造り始めたのは、今のように冷蔵庫なんてない時代。冬から夏にかけて長期間の保存がきくように、スパイスを加えたり、ドライホッピング(※)を行ったりと、原料や製造方法に様々な工夫がなされていました。

※ドライホッピング・・・通常は煮沸段階で投入されるホップを、ある程度発酵が終わった段階で直接ビールに投入すること

労働者を集める

セゾンビールには季節労働者を集めるという役割もありました。「うちの農家はビールを1日2リットル出すから、今年の夏はぜひうちで働いてください!」という感じで、各農家は季節労働者たちにアピールをしていたのだそうです。今でいう福利厚生のようなものと考えるとわかりやすいですね。農家が人材確保のためにビールを使っていたなんて驚きです。

夏の農作業の合間にゴクゴク飲むビールは最高においしかったはずです。遠い昔の異国の農夫たちに、なんだか親近感を覚えます。

セゾンビールの「いま」

さて、今日のセゾンビール事情はどうなっているのでしょうか。冷蔵技術が発達し、セゾンビールは季節限定ではなく、1年を通して醸造されています。そのため、最大の特長である季節感がやや薄れつつありますが、それでもなおその精神は脈々と受け継がれています。現在のセゾンビールの特長は、以下の点が挙げられます。

・ホップの苦味があること

・ドライな酸味があること

・上面発酵で造られている

・アンバー色(琥珀色)であること

・アルコール度数5~8%程度であること

・スパイスをきかせたものがあること

特に、しっかりとした苦味とドライな酸味が大きな特長で、暑い夏に飲みたくなる爽快なタイプのものが主流です。ゴクゴクと喉を鳴らして飲むのにぴったりで、リフレッシュしたいときにも最適です。スパイスを加えて独特の風味を出したものもあり、相性の良い料理を探すのが楽しくなります。色はアンバー色(琥珀色)のものが多く、その美しい色も魅力のひとつです。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧