海老名市初の特産品の原材料にもなる高級と名高い海老名産いちご – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 行政・団体・個人の支援 > 海老名市初の特産品の原材料にもなる高級と名高い海老名産いちご

行政・団体・個人の支援

海老名市初の特産品の原材料にもなる高級と名高い海老名産いちご

海老名市初の特産品の原材料にもなる高級と名高い海老名産いちご

2017年07月31日

神奈川県海老名市を代表する農作物といえば「いちご」。海老名駅を南に下ると「ストロベリーロード」と呼ばれるいちご農家が集まった地域があるほど、いちごの栽培が盛んです。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

神奈川県海老名市を代表する農作物といえば「いちご」。海老名駅を南に下ると「ストロベリーロード」と呼ばれるいちご農家が集まった地域があるほど、いちごの栽培が盛んです。昭和5(1930)年からいちご栽培が始まり、その後10年足らずでいちご農家の数は約300戸に広がりました。海老名産のいちごは、味も果肉の質も個性豊かで、高級品として知られ、生産量は県下1位を誇ります。いちご狩りが楽しめる農園は、通路の広くとった農園もあるのでベビーカーや車椅子での入園も可能です。家族みんなで楽しめます。

都会らしさと田舎らしさがほどよく共存するまち

海老名市は、神奈川県のほぼ中央、奈良時代に国分寺が建てられ、相模国の穀倉地帯として栄えてきたエリアです。東名高速道路の「海老名サービスエリア」で地名を認識している人も多いのではないでしょうか。

海老名駅周辺は、近年ViNAWALK、ららぽーと海老名といった大型商業施設が続々とオープンしました。駅前の雰囲気が大きく変わり、利便性が向上していく一方、少し足を伸ばせば、昔から変わらない田園風景が広がります。変わるものと、変わらないもの。その両方が融合したまちには、ゆったりとした時間が流れています。「ちょっと都会、ちょっと田舎」という表現がぴったりと当てはまる地域といえるでしょう。

農産物は県下1位を誇るいちごをはじめ、キャベツ、トマト、きゅうりなど、たくさんの種類の野菜が生産されています。これら地元の自慢の農産物を活かした商品も多彩です。

生産量は県下1位!高級と名高い海老名産いちご

海老名市を代表する農作物といえばまっ先に挙げられるのは“いちご”です。海老名駅を南に下ると“ストロベリーロード”と呼ばれるいちご農家が集まった地域があるほど、いちごの栽培が盛んです。農園から直に入手するいちごは、完熟した一番おいしい状態で味わえます。高設栽培で立ったままいちごをとることができる農園や、通路の広い農園もあるのでベビーカーや車椅子での入園も可能な農園です。いちご狩りが、家族みんなで楽しめます。

海老名市でいちご栽培が始まったのは、1930年。その後10年足らずでいちご農家の数は約300戸にも広がり、海老名市を代表する農作物として定着していきました。

県下1位の生産量を誇り、品種も“とちおとめ” “あきひめ” “紅ほっぺ”などが多品種に渡って生産・出荷されています。海老名産のいちごは、味も果肉の質も個性豊かで、高級品として知られています。

海老名市イメージキャラクターである「えび~にゃ」の体がの部分がいちごとなっていることからも、海老名の特産品としてのいちごの存在がつたわります。

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧