自己資金は平均569万円!就農の初期費用は?狙い目の作目は? – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 行政・団体・個人の支援 > 自己資金は平均569万円!就農の初期費用は?狙い目の作目は?

行政・団体・個人の支援

自己資金は平均569万円!就農の初期費用は?狙い目の作目は?

自己資金は平均569万円!就農の初期費用は?狙い目の作目は?

2017年08月01日

農業を始めるために必要なお金はいったいどのくらい必要なのでしょうか。気になる農地の取得費や初期投資費用、少ない資金で始められる作目、自己資金が少ない人の農業資金調達法、毎年かかる経費の違いや補助金などの制度についてご紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

農業を始めようと決意を固めたら、気になるのはお金のこと。農地だけでなく、トラクターや軽トラなどの機械、種苗、肥料に水道・燃料費。一体いくらあれば、農業が始められるのか、見当もつかない方も多いのではないでしょうか。先立つものはまずお金です。
そこで、農業を始めるために必要なお金や、安く抑える方法、補助金などの制度についてご紹介します。

関連記事:
83.5%が助成金・奨励金を利用! 就農希望者の資金調達方法とは
税理士に聞く「新規就農者のお金の心構え」【ファーマーズマネートーク】
就農地の選び方から心積もりまで。就農希望者の実態と直面する悩みとは

農業を始めよう!資金はいくらかかる?

平均自己資金は569万円

全国新規就農相談センターが、全国の新規就農者を対象に行った「2016年度新規就農者の就農実態調査」によると、新規就農者が用意した自己資金は、土地取得代を除いて平均569万円(*1 )。2013年の同調査よりも89万円も少ない結果となりました。内訳は、就農1年目の生活費に159万円、設備投資や経営に費やした金額が411万円でした。

生活費は1年から2年程度を見込む

就農初年度は収穫までの間、無収入であることはもちろんのこと、収穫にこぎつけても売り物にならなかったり、現金化までに時間がかかることもあります。就農の先輩たちが、初年度に生活費として用意した金額の平均は159万円。新規就農者のうち「おおむね農業所得で生計が成り立っている」と答えた人は24.5%。今後の生計の目処については、「就農1、2年目で目処が立ちそう」と答えた人は76.4%でした。新規就農のための資金は、家族の有無や育てる作目などによって異なりますが、就農してから1年から2年は無収入でも乗り切れるだけの蓄えは必要です。

営農資金は、毎年必要となる金額

肥料や種苗、肥料や燃料、出荷費用など農業を営むのに必要な「営農資金」は、1年目の平均で158万円。この費用は、農業を続ける限り毎年かかってくる経費です。どういった費用がかかるのかは、各都道府県が公開している「農業経営指標」が参考になります。作目別に、詳しく公表されているので、希望する作目の指標をチェックしてみましょう。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧