”旅する八百屋”に聞いた「ぼくらが八百屋になった理由(わけ)」 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > マーケティング > ”旅する八百屋”に聞いた「ぼくらが八百屋になった理由(わけ)」

マーケティング

”旅する八百屋”に聞いた「ぼくらが八百屋になった理由(わけ)」

”旅する八百屋”に聞いた「ぼくらが八百屋になった理由(わけ)」

2017年08月01日

キャンピングカーに野菜を乗せて、宅配や出店形式で野菜を販売している「青果ミコト屋」。かつての同級生コンビ、鈴木鉄平(すずきてっぺい)さんと山代徹(やましろとおる)さんが「八百屋」になった経緯や、店舗を構えず移動式を選んだ理由とは? 野菜と農家の熱きストーリーテラーであるふたりに、彼ら流の八百屋スタイルについてお聞きしました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

自らを「旅する八百屋」と呼ぶ2人の男性は、キャンピングカーに野菜を乗せて、宅配や出店形式で野菜を販売しています。ショップの軒先だったり、音楽フェスやスポーツイベント、アートやクラフト展の一画だったり、一般的な”八百屋”とは異なるフィールドを切り開く、彼らの名は「青果ミコト屋」。

農家と消費者をつなぐ青果ミコト屋の鈴木鉄平(すずきてっぺい)さんと山代徹(やましろとおる)さんに、八百屋を選んだ背景や、彼ら流の八百屋スタイルについてお聞きしました。

スタイリッシュな八百屋さんは、野菜と農家の熱きストーリーテラー

おしゃれな木の什器の上には色とりどり、大小さまざまな野菜が並べられています。作り手と売り手の思いがつまっていて、どれもみずみずしく新鮮そのもの。オーガニック野菜を中心に販売している「青果ミコト屋」には全国にファンがいて、青果ミコト屋のホームページやSNSで紹介する出店予定を、こまめにチェックしているという常連さんも少なくありません。

あえて野菜に無関係な場所にも出向くという青果ミコト屋。例えば音楽フェス、スポーツイベント、アート展やクラフト市など、「そんなところで野菜を買う人がいるの?」と思うような場所にも出店しています。その理由は「スポーツでもアートでも野菜でも、”良いものを求める”という価値観は共通すると思う」からです。

まずは「おいしい野菜」を味わってもらいたい。栽培方法や農家のこだわりといった理屈の前に、「食べたらおいしいと体が反応する感覚を味わってもらい興味を持ってもらいたい」と、教えてくれました。その証拠に、はじめは「なんだろう?」と思っていた人も、青果ミコト屋の野菜を試食で食べると「おいしい!」といって喜んでくださるそうです。

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧