作物の特長を最大限に生かして、農家でなければ作れない逸品を作る。元パティシエが全行程を一人で作る果物・野菜の加工品。 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 生産者の試み > 作物の特長を最大限に生かして、農家でなければ作れない逸品を作る。元パティシエが全行程を一人で作る果物・野菜の加工品。

生産者の試み

作物の特長を最大限に生かして、農家でなければ作れない逸品を作る。元パティシエが全行程を一人で作る果物・野菜の加工品。

作物の特長を最大限に生かして、農家でなければ作れない逸品を作る。元パティシエが全行程を一人で作る果物・野菜の加工品。

2017年08月29日

2014年に果物農家として独立した舟久保寿江(ふなくぼ としえ)さん。パティシエから転身し、農作物の生産・加工販売を一人で行っています。畑でお話しをうかがった際、ラズベリーを口に頬張り、「これが農家の楽しみ。収穫量が減るのはわかっているんですけどね」と照れ笑いされていました。舟久保さんの農業に対する思いをお届けします。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

舟久保 寿江さん略歴

・山梨生まれ

・地元のホテルでパティシエとして働く

・果物を使った地産地消に取り組むため農業を学ぶ

・2014年、農家兼加工業者として独立

生産から加工・販売までを一人で

地元の農家さんから畑を借り、ラズベリー・ブルーベリー・カボチャ・サツマイモを自然に近い環境で無農薬で育てています。2017年からブルーベリーの収穫も始まり、育てた野菜や果物をジャムにして販売しています。

畑は2ヶ所で、合わせて50アール程です。目の前には富士山と南アルプスが広がって、雄大な自然を感じながら作業をすることができます。作業は基本的に一人で行い、ラズベリーが収穫のピークを迎える夏の時期は、1日ごとに収穫します。ブルーベリーはジャムにするため、20種類ほど育てています。ベリー類は背丈が低いので、女性でも育てやすい果物です。

丸一日収穫作業をした後は、自宅でジャムを製造しています。ジャムは地元のスーパーへ卸すほか、マルシェに出店して販売しています。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧