多種多様なスタイルの農家による共同グループ 農業のハードルを下げて盛り上げる – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 就農 > 多種多様なスタイルの農家による共同グループ 農業のハードルを下げて盛り上げる

就農

多種多様なスタイルの農家による共同グループ 農業のハードルを下げて盛り上げる

多種多様なスタイルの農家による共同グループ 農業のハードルを下げて盛り上げる

2017年09月03日

山梨県で新規就農し、肥料を与えず野菜作りをしている伊藤祐介(いとうゆうすけ)さん。農業は実験の連続だという伊藤さんについて、前編後編に分けてお送りします。後編では、伊藤さんが代表を務める共同出荷グループの「農家同士の新たなつながり」についてお届けします。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

若手農家17組による共同グループ

のらごころは、山梨県北杜市と韮崎市で活動している若手農家17組による共同出荷グループです。世代は20代から40代で、地元出身者も移住者も所属しています。農家歴10年以上の農家から新規就農者までキャリアも様々です。共通しているのは、自らの意思で農業を始めたこと。そして農薬や化学肥料を使わず農作物を作っていることです。

共同出荷先は、地元のスーパーです。地産地消に力を入れているスーパーに、のらごころの特設コーナーがあり、グループのメンバーが作った農作物を卸しています。販売しているのは野菜、米、豆、果物です。スーパーへの出荷以外にも、県内や東京の飲食店に配達していますし、個人の方向けには定期販売も行っています。時期に合わせて旬な野菜5から8品目をボックスに入れて、毎週、隔週、月一でお届けしています。

魅力的な農業の発信

共同出荷以外にも、いくつかのプロジェクトに取り組んでいます。主なプロジェクトは新規就農者へのサポート、勉強会、地域でのイベント、食育、種の保存です。メンバーは自分が参加したいプロジェクトを選んで、企画や運営を行います。

私は食育プロジェクトに参加して、月に一度近くの保育園に訪れて、園児に有機野菜の作り方を教えています。始めは虫はおろか、土を触ることもできなかった園児たちが、野菜作りを通して自然を好きになってくれたり、「自分で作った野菜だから」といって苦手な野菜を食べられるようになったりすることが嬉しいです。

 

のらごころの「のら」とは畑という意味です。農家の野菜作りに対する思いや、農業が魅力的であることを伝えること、そして農家が経済的に発展していくことを目指して活動しています。

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧