埼玉県飯能市「ブルワリー&レストラン(カールヴァーン)」が大切にした貿易会社ならではの取り組みと地域とのつながり – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 埼玉県飯能市「ブルワリー&レストラン(カールヴァーン)」が大切にした貿易会社ならではの取り組みと地域とのつながり

ライフスタイル

埼玉県飯能市「ブルワリー&レストラン(カールヴァーン)」が大切にした貿易会社ならではの取り組みと地域とのつながり

埼玉県飯能市「ブルワリー&レストラン<CARVAAN>(カールヴァーン)」が大切にした貿易会社ならではの取り組みと地域とのつながり

2017年09月28日

都心から電車に乗り、約1時間でアクセスできる飯能市。緑に囲まれ川を見下ろす断崖絶壁の景勝地に、今年新たにビール醸造所併設のレストランがオープンしました。自社農場を持ち、現在提供されているビールには、無農薬の自家栽培ホップが一部使用されています。東京から移住した醸造家の伊藤謙二(いとうけんじ)さんに、オープンまでの道のりや地域とのつながりを含めてお話をうかがいました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

ブルワリー&レストラン< CARVAAN >(カールヴァーン)は、2017年7月25日に、株式会社FAR EAST(ファーイースト)(代表取締役:佐々木敏行(ささきとしゆき)氏)の本社がある飯能市にオープンしました。FAR EASTは、世界各地からナッツやドライフルーツなどの食品を輸入販売する会社で、都心を中心に11店鋪展開。本社がある飯能はオフィスだけでしたが、新規事業でブルワリー&レストランをスタートさせました。

全面ガラス張りの窓からは美しい緑。また、バーベキューや川遊びができる集いの場所ともなっている、飯能河原を見下ろす絶景のロケーションにあります。

店内では、醸造所を眺めながら自社製クラフトビールを味わえます。

自社輸入食材と自社農園のホップを組み合わせたオリジナルビール造り

現在、レストランで味わえるクラフトビールは4種類あります。自社で輸入しているエジプト産ライムを使用した「アラビアンライム・エール」、バナナのような香りとスムースな飲み口の「スペルト・ヴァツェン」、エジプト産コリアンダーと国産の柑橘系ピールを使用した「ファーイースト・ベルジャンホワイト」、コロンビア産の香り高いカカオニブを使用した「アンデスカカオ・スタウト」です。

すべてのビールに、自社農場で採れたホップを一部使用しています。また、自社輸入の食材を生かして、副原料として使っているのも大きな特長です。料理は、FAR EASTが世界各地から輸入してきた食材や地場野菜をたっぷり使った、様々な国の食文化を堪能できるアラブ・地中海料理が楽しめます。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧