野菜の新しいおいしさに気付く農園のようなお店「野菜畑 土田」 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 野菜の新しいおいしさに気付く農園のようなお店「野菜畑 土田」

ライフスタイル

野菜の新しいおいしさに気付く農園のようなお店「野菜畑 土田」

野菜の新しいおいしさに気付く農園のようなお店「野菜畑 土田」

2017年09月30日

中目黒のにぎやかな通りから一本奥に入ったところにある、野菜がおいしくいただけるレストラン「野菜畑 土田」。

店内に軽トラックやビニールハウスがあったり畑があったりと、まるで野菜農家に遊びに来たような雰囲気の店内は、つい長居したくなるような心地良さ。「野菜畑 土田」で提供される活き活きとした野菜たちや、滋味深い味わいの料理は、食べるだけで身体が内側から癒されるようです。
そんな「野菜畑 土田」の店主 榊原さんご夫婦に、「野菜畑 土田」の野菜へのこだわりやこれから挑戦したいことについてお話をうかがいました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

「野菜畑 土田」で旬の野菜が持つ癒しの力を伝えたい

——「野菜畑 土田」誕生のお話を教えてください。

もともと主人と共に、碑文谷で20年くらいお店を経営していて、その後ご縁があって中目黒で野菜のお店をオープンすることになりました。碑文谷でやっていたお店も野菜をメインにしており、その店を更にこだわり、心機一転し新たな挑戦をしました。

畑の中でとれたての野菜をそのまま召し上がっていただくような雰囲気をイメージして、内装にも工夫しています。軽トラックも、一台購入してお店にレイアウトしました。

メニューは、碑文谷のお店より引き継いでおり、さらに「野菜畑 土田」でしか味わえないオリジナルの料理を展開しています。

——野菜をメインにしてお店を出すきっかけを教えてください。

東京に出てきてから、旬や季節の変化がわかりにくいと感じました。それまでは、日々の食べ物や野菜から旬を感じていたのですが、東京に来てからはそれが少ないなと思いました。お魚を見て旬を感じたりできるのを、野菜でやったら面白いなという考えもあったからです。

また、お客様から体調が良くないというお話を聞いた時に、やはりお肉ではなく野菜を食べることが癒しに繋がるのではないかと思いました。旬の野菜が持つ癒しの力を届けたいと考えたことが、きっかけです。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧