伝統的な農林水産業を残し 地域のブランド力を高める「世界農業遺産・日本農業遺産」 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 行政・団体・個人の支援 > 伝統的な農林水産業を残し 地域のブランド力を高める「世界農業遺産・日本農業遺産」

行政・団体・個人の支援

伝統的な農林水産業を残し 地域のブランド力を高める「世界農業遺産・日本農業遺産」

伝統的な農林水産業を残し 地域のブランド力を高める「世界農業遺産・日本農業遺産」

2017年10月01日

伝統的な農林水産業を保全し、次世代に継承する取り組みが始められています。国連食糧農業機関(FAO)では「世界農業遺産」として認定を進め、静岡県の茶草場農法や熊本県阿蘇地域の草原の維持と持続的農業など、8つの地域が認定されています。また日本国内では、「日本農業遺産」が設けられ、2017年3月に第1回目の認定地域が決定し、鳥羽志摩の海女漁業や真珠養殖業、埼玉県武蔵野地域の落ち葉堆肥農、静岡水わさびの伝統栽培など8地域が認定されました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

世界農業遺産とは

世界農業遺産は、社会や環境に適応しながら、何世代にも渡り、形づくられてきた伝統的な農林水産業と、それに関わって育まれた文化。ランドスケープまたはシースケープ(土地または海の上に農林水産業の営みを展開し、それが呈する一つの地域的まとまり)、生物多様性などが一体となった世界的に重要な農林水産業システムを国連食糧農業機関(FAO)が認定する仕組みです。2002年より開始され、世界では17ヵ国38地域、日本では8地域が認定されています。

世界農業遺産の認定を受けた地域では、世界農業遺産の保全のための具体的な行動計画を定め、これに基づき、伝統的な農業、農法(林業、水産業を含む)や豊かな生物多様性などを次世代に確実に継承していくことが求められます。

世界農業遺産に認定されるメリット

地域固有の農林水産業の価値が世界的に認められることで、地域の人々に誇りと自信をもたらすとともに、農産物のブランド化や観光客誘致を通じた地域経済の活性化が期待されます。また認定地域同士の交流、国内外との連携強化なども、のぞめます。

世界農業遺産の認定基準

FAOによる世界農業遺産の主要な5つの認定基準は、
(1)食料及び生計の保障
(2)農業生物多様性
(3)地域の伝統的な知識システム
(4)文化、価値観及び社会組織
(5)ランドスケープ及びシースケープの特徴
となっています。
世界に類を見ない、日本を代表する伝統的で特徴的な農業、農法を有しているか。また伝統的、特徴的な農業、農法を核とした持続可能な農林水産業システムが構築されているか。そして上記の必須5基準に示される事項が相互に関連性を持ち、バランスの取れた内容となっているかが認定の基準になります。

世界農業遺産の審査の手順

1 申請書作成

申請者となる協議会等が都道府県、学術機関と連携、協力、また地方農政局と連絡、調整し情報提供を行い、申請書を作成します。

2 農林水産省による承認を得る

申請者は申請書を作成し、農林水産省に提出します。農林水産省は、世界農業遺産等専門家会議の評価を踏まえ、国連食糧農業機関(FAO)に認定申請する地域を決定します。

3 国連食糧農業機関(FAO)による認定へ

申請者は農林水産省を通じて国連食糧農業機関(FAO)に認定を申請。書類審査及び現地調査を経て認定されます。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧