生産者と消費者の交流を生むECサイト「ポケットマルシェ」がつなぐもの – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > マーケティング > 生産者と消費者の交流を生むECサイト「ポケットマルシェ」がつなぐもの

マーケティング

生産者と消費者の交流を生むECサイト「ポケットマルシェ」がつなぐもの

生産者と消費者の交流を生むECサイト「ポケットマルシェ」がつなぐもの

2017年10月27日

出品者を農家と漁師に限って展開するECサイト「ポケットマルシェ」は、2017 年9月にサイトオープン1 周年を迎えた。生産者と消費者をダイレクトにつなげるサービスは「食べること」の裏側にあるストーリーに光を当て、共感の輪を拡げている。東日本大震災を起点に、東北の生産者と向き合ってきた代表の高橋博之(たかはしひろゆき)さん。人と人をつなげるサイトの目指す先。「ポケットマルシェ」に込めた思いとは。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

ポケットマルシェ

生産者と消費者の距離と時間を縮める「ポケットマルシェ」

「ポケットマルシェ」は、農作物や水産物を生産者から直接購入できるECサイト。「スマホひとつで、どこでもマルシェ」をコンセプトにした「生産者も消費者も、できるだけ手間を省いて簡単に」商品のやり取りができるサービスが好評を得ている。近年、特に注目を集める生産者から消費者への直接販売。個人で始める生産者にとってハードルとなるのは、出品からはじまって、伝票作成、配送の手配、顧客管理、入金など一連の煩雑な業務が発生すること。その業務を、スマートフォンを使って処理できるのが「ポケットマルシェ」の魅力だ。一方の消費者は、事前にサイトに登録することで、ワンクリックで注文することができることはもちろん、生産者とコンタクトを取ることも可能なので、生産者の横顔を知った上で、商品を購入できるメリットがある。
例えば、漁師のAさんが水揚げしたばかりの新鮮な「魚」。Aさんはスマートフォンを使って船の上で魚を撮影し、商品情報のコメントを加えて、その場でサイトにアップ。それを見た消費者Bさんが購入希望をクリックすることで注文が成立。サイトを利用するに当たって、Bさんは注文時に住所を登録しているので、注文が入った段階で、提携した運送会社が自動的に配送伝票を発行する。ドライバーがその伝票を持参し、商品を集荷するシステムとなっているため、Aさんは箱詰めするだけで商品を発送することができる。顧客管理と入金管理は運営会社の「ポケットマルシェ」が担う。
「新鮮なものを新鮮なうちにとか、生産者と消費者が交流できるとか、それが簡単にできるなど、メリットを掛け合わせたのが最大の特徴」と話す代表の高橋博之さん。サイトを通して一番伝えたいのは、商品の裏側にある生産者のストーリーだ。「利便性や効率を追い求めてきた私たちは、自分が口に入れる食べ物を、誰がどこで作ったのかを知る機会が減ってしまった」。食べることは命を維持することに直結する行為。だからこそ、「ポケットマルシェ」は、食べ物を作る人(生産者)と食べる人(消費者)のコミュニケーションを重視する。

ポケットマルシェ

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧