Bluetooth&アプリで自動潅水!小・中規模農家に役立つ農業IT – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > アグリテック > Bluetooth&アプリで自動潅水!小・中規模農家に役立つ農業IT

アグリテック

Bluetooth&アプリで自動潅水!小・中規模農家に役立つ農業IT

Bluetooth&アプリで自動潅水!小・中規模農家に役立つ農業IT

2017年10月28日

センサーとクラウドによる徹底的な圃場の環境管理、農薬散布のためのドローン導入など、農業のIT化が多種多様に広がっています。大規模農家に限らず、個人農家もITを取り入れるケースが増える中、身近な農業IT導入事例としてアプリを使った潅水(かんすい)システムについてご紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

水は農作物の「命」

農作物の生育のために欠かせないのが「潅水」という作業です。潅水の効果は、植物に必須な水を与えるだけではありません。がい虫の防除、凍霜害、日焼け防止の他、野菜の糖度などにも潅水は影響を与えます。

例えば、トマトは水やりの量を適度に抑えることで作物にとって厳しい環境を作り、結果的に糖度が高くなり、甘くなると言われています。

どの作物にとっても時期を問わず、適切な水量コントロールが求められるため、農家にとって経験や知識が試される部分です。農産物の収量や質を決める要素のひとつです。

場所や目的に応じたさまざまな潅水システム

今回ご紹介するのは、40年の歴史を持ち、個々の農家に適した潅水システムを提案してきた株式会社サンホープです。

同社は、国土の半分を砂漠で占めるイスラエルの農業技術に40年前から注目し、少量でも効果を出す潅水技術を日本でも普及するため、場所や目的に応じた潅水システムを開発してきました。

潅水システムの例をご紹介します。

露地栽培など広範囲に水をまくインパクトスプリンクラー

頭上潅水のハンガースプレータイプ

育苗のため、ハウスの上部から雨を降らせるように潅水します

凍霜害防止の技術を初めてスプリンクラーで実現

1983年に宮崎県の茶農家「上水園」がこれを使用し、宮崎日日新聞社の農業技術賞を受賞しています。

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧